Vidnoz AIのリアルなAIアバターを利用して、簡単&無料&迅速に魅力的な動画を作成しましょう! 無料でお試し
75% OFF

セキュリティ確保のためにフリーWiFiとVPNを併用する必要がある?

この記事でフリーWiFiのリスク、フリーWiFi用VPNの基本知識、及びVPNの接続方法を解説します。フリーWiFiは、実は時に多くのリスクを伴うことがあり、質の悪いフリーWiFiは個人情報を盗むことさえあります。そのため、プライバシーを守るためにVPNが必要なのです!

Wi-Fiが日常生活に欠かせないものになることは現状になっています。しかし、フリーWiFiを利用することによる、データやプライバシーの漏洩、ハッカー侵入などのリスクや脅威を認識している人は少ないのではないでしょうか。特に、毎日ノートパソコンやスマホが不可欠のビジネスマンや学生、起業家にとってはそうでしょう。

フリーWiFiを使いながらVPNを利用すれば、オンラインセキュリティを効率的に守ることができます。

この記事で、フリーWiFiのリスクから、フリーWiFi用VPNの基本知識、VPNの接続方法まで全部解説します!

フリーWiFiを安全に利用するために、WiFi用VPNアプリ又はVPNサービスを探す前に、潜在的な脅威を知ることが大切です。この部分では、公衆無線LANに注意すべき3つの一般的な危険性を挙げています。

1. 個人情報とデータの漏洩

フリーWiFiは最も深刻かつ一般的なリスクの1つは、ログイン認証情報、クレジットカード情報、ビジネスデータ、デバイス内の写真やファイルなどの個人情報漏えいのことです。公共のホットスポットでは、通信が暗号化される場合はかなり少なくて、プライバシー保護がほとんどないようになってます。WiFi用VPNで保護されていなければ、ハッカーはWi-Fi接続されたデバイスのファイル、閲覧履歴、パスワード、住所、電子メールなどのデータを、鎧袖一触のように直接読み取ることができます。

2. 企業へのサイバー攻撃

出張者がデータ転送のためにフリーWiFiの続を避けられないため、多くの企業は、ビジネスネットワークにアクセスする前に、セキュリティ認証を要求したり、第三者の安全ツールを使用したりするなど、WiFi接続のリスクを低減する措置を取りました。しかし、フリーWiFiの脅威に関しては、それだけでは十分とは言えません。公衆WiFiの提供者は、ハッカーではないものの、ユーザーのデータを追跡し、フリーWiFiサービスの利用料を支払ってくれる広告主に販売する可能性があります。

3. マルウェアの配布

保護機能なしのWi-Fiは、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、ランサムウェア、アドウェアなどのマルウェアを配布する機会をハッカーに与えます。一般的に、同じネットワークに接続されたデバイスでファイルを共有する場合に、マルウェアが挿入され、すべての接続先に配布されてしまうことがあります。

「無料WiFiを使うリスクにこんなに気づいたのは初めてだ!これから公共ホットスポットの接続をやめるべきだろうか?」と思われるかもしれないでしょう。いいえ、そんなことではありません。適切な保護対策を取れば、フリーWiFiを使い続けることができます。

最も推奨される対策の一つは、フリーWiFiを使いながらVPNを使うことです。フリーWiFi用のVPNは、安全で匿名性の高い非公開なトンネルが付けることで、ご利用のIPアドレス、ローカルデバイスでの個人情報、オンライン活動を追跡、窃盗、侵入から守る上で、オンラインセキュリティを自由に守ります。さらに、iOSおよびAndroid用VPNアプリは、すべての通信を暗号化できるから、データは検出されてもハッカーには読めないことを意味します。

ですから、VPNの基本情報について十分にわかる方は下の「フリーWiFiを使いながらVPNを使用する方法」へ直接に行きましょう。VPNとは何かに困っていて、詳細情報を知りたい方はこのままで読み続けましょう。

TIPS

フリーWi-Fiとは、公共の場所(空港、駅、病院など)、あるいはコンビニ、カフェ、商業施設などの場所で誰でも利用できるよう無料で提供されたWi-Fiスポット(無線LANスポット、Wi-Fiスポット、フリースポット、ホットスポットとも呼ぶ)のことです。公衆無線LAN、無料WiFiなどと呼ばれることもあります。

VPNとは

VPN(Virtual Private Network、バーチャルプライベートネットワーク)は仮想プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれます。この専用線は本当の専用線でなく、インターネットを経由し二つの拠点間に構築された仮想的な「直接的な接続」です。

この「直接的な接続」は、トンネリング技術を介して作られたトンネルです。このトンネルを経由で全てのオンライン活動やデータ転送が暗号化されます。

つまり、フリーWiFi使用時の個人情報漏洩などのリスクは、VPNのトンネリング技術などにより、最低限に抑えられます。

VPN接続の使用場合

会社側

  • クラウドを導入する会社の社員がフリーWiFiを経由し仕事をする場合

  • より柔軟に拠点間の接続やリモートアクセスを実現するするために離れたオフィス間でLANを構築したい場合

  • ネット検閲が厳しく、インターネットに自由にアクセスできない国で仕事する場合

  • SkypeやLINEなどのIP電話を使って通信する業務上の通信内容を暗号化したい場合

個人側

  • YahooやGoogleなどのサーチエンジンに個人情報を渡したくなく、IPアドレスや検索内容を暗号化したい場合

  • 旅行中にホテル又はカフェなどの公共施設のフリーWiFiを使用する場合

  • 海外のWebサイトにアクセスできなく、地域制限を解除したい場合

VPN接続のメリット&デメリット

VPN接続のメリット

  • IPアドレスの匿名化、通信内容の暗号化なので、安全なインターネット環境を構築できる

  • テレワークの時に距離を気にしなくてインターネットを構築、遠隔操作をできる

  • PCからモバイル端末までどこでも安全かつ柔軟にインターネットを使用できる

  • 本当の専用線よりもはるかに低コストで複数の拠点同士で安全な接続を実現できる

VPN接続のデメリット

  • 100%の安全ではないので、信頼できるVPNアプリなどを利用するのは必要である

  • データの暗号化、カプセル化などなので、通信速度が遅くなる

  • モバイ端末使用時に、バッテリーの消費量が多くなる

VPNの種類

  • インターネットVPNとは、インターネットを経由しVPNを構築するタイプです。

  • IP-VPN(レイヤ3 VPN)とはインターネットは経由せず、通信事業者が保有する回線(閉域網)を利用するタイプです。

  • レイヤ2 VPN(広域イーサネット)とは、通信事業者が独自に用意した閉域網を利用するL2(レイヤ2)のVPN接続サービスのことです。


インターネットVPN IP-VPN レイヤ2VPN
ネットワーク 公衆網 閉域網 閉域網
セキュリティ やや低い 高い 高い
コスト やや低い 高い 高い
通信レイヤー層 L3 L3 L2
柔軟性 低い 低い 高い

VPNの仕組み

  • インターネットVPNの仕組みには「トンネリング」、「カプセル化」、「暗号化」の3つ技術が含まれています。

  • IP-VPN(レイヤ3 VPN)と広域イーサネット(レイヤ2 VPN)は、通信事業者の閉域網で通信する際に「MPLS」という技術を利用します。

  • ただ、広域イーサネットは安定して高速なLAN技術を使用し、IP-VPNより通信速度が高いです。

VPNのプロトコル

  • OpenVPN

  • PPTP

  • L2TP/IPSec

  • IKEv2

  • SSTP

フリーWiFi使用時、VPNアプリ又はソフトでVPN接続を設定

テレワーク、旅行、又は出張中、フリーWiFiとVPNアプリ/ソフトを併用するのは最も柔軟かつ便利な方法です。複雑な操作が要らなくて、複数のデバイスで同時利用可能です。

一般的に、無料WiFi用のVPNアプリ/ソフトが以下のようなセキュリティ機能を備える必要があります:

  • インターネットへの匿名アクセスを保証する

  • ハッカー侵入を防ぐように信頼できるプライバシー保護を提供する

  • 個人情報を強力に暗号化する

  • 任意のサイトでのオンライン活動を追跡、保存しない

オンラインセキュリティに役に立つ機能の面では、iTop VPNは、学校のWi-Fiおよび他の無料WiFi接続での最適なVPNです。

フリーWiFiを使いながらiTop VPNを使用する手順

ステップ1:Wi-Fiネットワークを見つけて、相関係に依頼してパスワードを入力してフリーWiFiに接続します。

ステップ2:PC又はスマホにiTop VPNを無料ダウンロードします。

ステップ3:すべてのブラウザ、アプリ、またはネットアクセスサービスを閉じます。

ステップ4:Windows用、Andorid用又はiOS用iTop VPNを起動し、「接続する」をクリックしてから、フリーWiFiの場合にアクセスしたいソフトウェア又はサービスに再度アクセスします。

ステップ5:そして、国、サイト、またはサービスに応じて「全サーバー」から選択したいVPNサーバを選択できます。

そうすれば、データ漏洩やハッカー侵入などを心配なく、フリーWiFiでWebサイトにリスクなくアクセスできます。

追加:

他のフリーWiFi用のVPNソフトのオススメ

Chromeブラウザ向けのVPNのオススメ

FirefoxブラウザでVPNを設定する方法

フリーWiFi使用時、VPN接続を手動で設定する方法

iPhoneスマホ

iPhoneの「設定」>「一般」>「VPN」>「VPN構成を追加」をタップし、設定情報を入力し、スマホのVPNに接続します。

詳細:初心者向けiPhoneのVPN接続を設定する方法二選

Androidスマホ

Androidの「設定」>「無線とネットワーク」の「その他の設定」>「VPN」>「VPNネットワークを追加」をタップし、VPN接続に必要な情報を入力し、スマホのVPNに接続します。

詳細:AndroidスマホでVPNの接続を設定する方法二選

Windows10PC

Windows10の「スタート」ボタン>「設定」アイコン>「ネットワークとインターネット」>「VPN」>「VPN接続を追加する」をクリックし、「VPN接続を追加」画面に行き、必要な情報を入力し、PCのVPNに接続します。

詳細:Windows10でVPN接続を設定する方法二選

MacPC

Macでアップルメニュー>「システム環境設定」>「ネットワーク」>「追加」アイコンをクリックし、VPN設定画面に入り、必要な設定を行い、必要な情報を入力します。

詳細:【やり方3選】MacでVPN接続を設定!初心者でも分かりやすい

  • 信頼できるものを選択する

  • フリーWiFi使用時に、できるだけクレジットカードなどのパスワードを入力しない

  • 公式に提供されているWiFiを利用したほうがいい

  • httpsから始まるURLにアクセスする

  • 通信速度が遅くなる

  • VPN手動設定用のIPなどは有料サービスから取得したほうが安全である

セキュリティ対策を取っても、フリーWiFiネットワークに接続すると、オンラインプライバシーとセキュリティが脅かされ、広告主、ハッカー、マルウェアは、個人情報を読み取るなどの恐れがあります。だからこそ、強力なWiFi用VPNが必要なのです。

iTop VPNのようなWindows、iOS、Androidに対応するVPNは、パソコン/スマホとVPNサーバー間の非公開トンネルを付け、すべてのトラフィックとデータが暗号化されています。また、DNS保護、ブラウザの広告ブロック、キルスイッチ(Kill Switch)、およびノーログポリシーのような追加機能は、プライバシーを保護する必要なことです。

ですから、頻繁に学校の図書館、喫茶店、空港、またはホテルでフリーWiFiを利用する場合は、iTop VPNをダウンロードして、今すぐ個人情報を保護するために利用しましょう!

シェアする
関連記事