75% OFF

【2022年最新】VPNルータの詳細解説|初心者向け

この記事で、VPNルータの意味、用途、デメリットやお勧めVPNルータなどを説明します。VPNルータを設定する前に、せひご覧ください。

VPN対応ルータを理解するには、VPNとルータを別々に理解する必要があります。

VPN(Virtual Private Networkの略)は、プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれます。インターネットに誇って、二つの拠点間に暗号化されたトンネルを作成することで通信を暗号化できます。

ルータ(router)は、コンピュータネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器です。

VPNルータとは、VPN機能を搭載したルータのことを指します。すなわち、ルータを使用してVPN接続を設定することです。今のところ、企業にだんだん普及していきます。

1.リモートワーク環境を構築できます。VPNのトンネリング技術を使用して自宅又は他のところで仕事する場合、直接に会社のデータにアクセスすることができます。個人と会社だけでなく、会社と会社の間にも適用可能です。

2.通信の安全性を確保できます。VPNは転送するデータ、送信元と送信先のIPアドレス、や全てのオンライン活動を暗号化するため、会社情報と個人情報がハッカーなどのような悪意ある者からの攻撃を回避できます。

3.海外出張又は旅行の場合、地域制限を解除し、日本国内のサービスが利用できます。インターネットで国内向けのお好きなコンテンツを楽しめます。

4.時間を節約できます。各デバイスにVPNをインストール、又は設定する必要なく、VPNルータに接続するだけでいいです。

1.VPNルータ構築は複雑で、お金と時間かかります。

2.VPN対応ルータに接続するデバイスが多ければ多いほど、通信速度が低下します。

3.VPN設定の管理がやや面倒くさいです。ルータ上にユーザ専用のインタフェースがないので、他のデバイスでのみVPNの設定を変更できます。

1.VPN対応ルータの機能は製品によって違いますので、ご需要に応じて慎重に選択してください。

2.各デバイスは異なるプロトコルに対応しますので、VPNルータの購入前に製品説明をよくご覧ください。でも今のところ、新なプロトコルをサポートできるVPNルータを選択したほうがいいです。

  • WA2612-AP

  • Si-R GX500

  • NVR700W

  • VR500-OV1

  • AT-AR1050V

  • YAMAHA RTX830

  • BUFFALO VR-S1000

  • Cisco C841M-4X-JSEC/K9

  • ASUS RT-AX3000

  • VR500-OV1

  • VR500-A1

VPN対応ルータの設定方法は、ルーターのファームウェア次第ですので、説明書に従って各種設定を実行してください。

実は、VPNをあまり知らない方、又はVPNルータ設定の時間とお金を節約したい方にとっては、VPN対応ルータはいい選択ではありません。

自宅でのみ幾つかのデバイスでVPNを使用したいなら、VPNソフトのほうが便利ですし、柔軟性が高いです。複雑な設定操作が必要なく、1クリックでVPNに接続できます。また、使用の時にVPNをオンにし、未使用の時にVPNをオフにすることができます。VPNルーターのようにいつもオンにしていることは不要です。

iTop VPNのブランド

ここで高速かつセキュリティ最高のVPNソフト – iTop VPNをお勧めします。

特徴:

  • お持ちのデバイスのIPアドレスを匿名化し、データ転送を暗号できますので、個人情報漏洩のリスクが最大限に下がります。

  • 自動キルスイッチ機能を提供します。VPNが予期せずに切断したら、全てのインターネットトラフィックを停止しますので、VPN再接続までの情報漏洩のリスクを回避できます。

  • 最大五つデバイスで同時利用可能です。

  • Windows、IOS、Androidに対応します。

  • 100以上のロケーション、1000以上のサーバを提供します。

接続設定方法:

iTop VPNをダウンロード、起動し、UIの真ん中の「接続する」をクリックするだけで、VPN接続が完了です。

iTop VPNでVPNに接続

この記事でVPNルータについての基本情報を解説しました。VPNルータとは、用途、デメリット、及びお勧めVPNルータなど。了解後、ご需要に応じてVPNルーターの使用と選択を決めてください。ためらうなら、iTop VPNを無料体験することで自分の目的を知ってから決めるのもいい選択です。

シェアする
関連記事