75% OFF

Windows10パソコンのIPアドレスを変更する方法三選|2022年最新

この記事でWindow10 PCのIPアドレスを変更する方法を解説します。TCP/IPv4、コマンド、iTopVPNにそれぞれ利点がり、ご需要により選択してみてください。

IP(Internet Protocol、インターネットプロトコルの略)とは、インターネット上で情報のやり取りをする際の通信方式のことです。インターネットに接続する機器はそれぞれ「IPアドレス」と呼ばれる番号を持ちます。一般的にこの「IPアドレス」の「アドレス」を略して「IP」と呼ぶことが多いです。

Window10のIPアドレスを変更するいくつかの理由:

1. ユーザの権限が異なる階層に分かれて、外部または内部ネットワークにおけるアドレスをフィルタリングできます。

2. プロキシサーバーでは、大量の偽装IPアドレスを使用できるため、オンラインリソースを節約できます。プロキシサーバーを使用すると、その上に有効なIPアドレスを一つ設定するだけで、LAN内の他のユーザーは10.*.*.*などのようなプライベートIPアドレスを使用することが可能となります。これにより、多くのIPを節約し、ネットワークのコストを削減できます。

3. アクセス速度を改善し、頻繁にアクセスされるアドレス用のバッファーを作成し、人々のサイトのアクセス効率を大幅に改善します。

4. ネットワークIPをハッカーの攻撃から保護し、個人情報漏洩を予防することができます。

5. 地域制限を破り、海外旅行又は出張中に日本の番組などを視聴できます。同様に、日本で海外の番組を視聴できます。

6. コンテンツ規制、政府の監督を回避し、自己の考えを自由に発表できます。


TCP/IPv4でWindows10のIPアドレス変更を手動で行う

ステップ1. Windows10パソコンのタスクバーにあるネットワーク印を右クリックし、「ネットワークとインターネット」を開き、一番目の「状態」から「ネットワーク設定の変更」の「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

ステップ2. 表示される接続アイコンから設定したいアイコンを右クリックし、「プロパティ」をクリックします。ここで「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択し「プロパティ」をクリックして「全般」画面に入ります。

ステップ3. 「次のIPアドレスを使う(S)」をチェックしてIPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを入力します。「次のDNSサーバーのアドレスを使う(E)」をチェックして優先DNSサーバーや代替DNSサーバーを入力します。入力後、「OK」をクリックしてWindows10のIPアドレス変更を行います。

コマンドでWindows10のIPアドレス変更を手動で行う

コマンドでIPアドレスなどの情報を確認

ステップ1. キーボードで「Win」キーと「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を開き、「cmd」と入力し、cmd.exeを起動します。

ステップ2. 「ipconfig /all」と入力し「Enter」キーを押してから、IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイやDNSサーバーなどの情報が表示されます。ここでお持ちのWin10PCのIPアドレスを確認してください。

コマンドでWindows10のIPアドレスを変更

ネットワーク設定を次の値にする例:

IPアドレス:151.248.68.200

サブネットマスク:255.255.253.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.253

プライマリDNSサーバー:192.168.1.121

セカンダリDNSサーバー:192.168.1.112

インターフェース名:イーサネット

ステップ1. IPアドレスを設定します。

netsh interface ip set address "インターフェイス名" static IPアドレス サブネットマスク デフォルトゲートウェイ」という構文のように「netsh interface ip set address "イーサネット" static 151.248.68.200 255.255.253.0 192.168.1.253」コマンドを入力して「Enter」キーを押します。

ホストの台数が増える場合、DHCP(「Dynamic Host Configuration Protocol」の略、自動でネット情報を配信する機能)を使用すれば、IPアドレスを一定範囲で自動的に割り当てることが可能ですので、Windows10のIPアドレス変更がより便利になります。

この場合、「netsh interface ip set address "インターフェイス名" dhcp」というコマンドの構文を入力します。

ステップ2. DNSサーバのIPアドレスを設定します。

netsh interface ip set dns "インターフェイス名" static DNSサーバのIPアドレス primary」という構文のように「netsh interface ip set dns "イーサネット" static 192.168.1.121 primary」コマンドを入力します。セカンダリDNSサーバなら、「netsh interface ip add dns "イーサネット" 192.168.1.112」コマンドを入力します。DHCPによって自動設定を行えば、「netsh interface ip set dns "イーサネット" dhcp」コマンドのように入力していいです。

パソコン上級者にとっては、コマンドプロンプトでWindows10のIPアドレス を切り替えるのがかなりいい方法ですが、パソコン初心者(特にコマンドに慣れていない方)にとっては、ちょっと複雑です。この場合、ワンクリックでお持ちの機器のIPアドレスを変更できるソフト - iTopVPNをお勧めします。

VPNでWindows10のIPアドレス変更をワンクリックで行う

iTopVPN はワンクリックでIPアドレスを変更できるすごく便利で無料のVPNソフトです。1000台以上のサーバー、100以上のロケーションをサポートし、最大五つデバイスで同時利用できます。

我々が知っているように、設定するIPアドレスは同一LAN内で重複したら、正常にネットワークに接続できません。1台パソコンに一つのIPアドレスが必要です。VPNを使用すると、たくさんの偽装IPアドレスを使用できるのでIPアドレスのことを心配する必要が全然なくなります。その同時に、ネットワークデータを暗号化することで通信とオンライン活動を隠します。地域制限を破ることで世界中の全てのコンテンツを自由に楽しみます。

iTopVPNをダウンロード、インストール、起動します。インタフェースで青い丸をクリックし、今のIPアドレスを隠して別のIPアドレスに変更します。もう一回クリックしたら、元のIPアドレスに戻ります。その他に、左側の「ストリーミング用」、「ソーシャル用」、「ゲーム用」や「全サーバー」から需要に応じてサーバーを選択できます。

iTopVPNのインタフェースでIPを変更


この記事でWindow10のIPアドレスを変更する三つの方法を解説しました。ただIPアドレスを切り替えるなら、TCP/IPv4で変更するのは充分です。パソコン上級者なら、コマンドプロンプトがいいツールです。ワンクリックでIPアドレスの切り替えを行い、1000台以上のサーバーを楽しみ、ネットワークデータとオンライン活動を隠すことで最高のセキュリティを取得したい方は無料ソフトiTopVPNをお勧めします。

シェアする
関連記事