75% OFF

AndroidスマホでVPNの接続を設定する方法二選|手動と自動

この記事でAndroidスマホでVPNの接続を設定する方法を解説します。手動設定と自動設定の二つの方法があり、ごニーズに応じて選択してください。

メリット:

  • Playストア以外のアプリをインストール可能ですので、より多くのアプリを楽しめます。

  • 端末のタイプが豊富で幅広いですので、お好きなサイズ、形、機能セットや価格を選択可能です。

  • メモリカードなどを使用してスマホのストレージを増やすことが可能です。

  • ウィジェット機能が便利ですし、ホーム画面の自由度が高いです。

デメリット:

  • さまざまなメーカーなので、デバイスの品質が違います。

  • AndroidはGoogleが作成しているので、Googleアカウントを使用しないと利用できないサービスがあります。

  • 通常、OSアップデートのサポートは数回だけです。

  • 広告がたくさん表示されますので、アプリのセキュリティリスクが高いです。

アンドロイドのデメリットと言えば、その中で高いセキュリティリスクが一番不安のある問題です。IOSを使用すると、一か月に一回以上のアップデートが実行されるし、App Storeのアプリに厳しい審査が行われるし、セキュリティが高いです。ただし、もっと自由に使えることは不可能となります。アプリの無料利用もほぼ不可能となります。

この場合、Androidの機能とメリットを楽しみながら、セキュリティを強化させる手段があります。それはAndroidでVPNを設定することです。

VPN(Virtual Private Network)はインターネットに構築される仮想専用線です。VPNを設定すれば、暗号化されたトンネルを経由で転送のデータがハッカーなどから保護されます。お持ちのデバイスの実際のIPアドレスを隠し、偽装したIPを表示し、個人の住所や連絡方式などの個人情報漏洩を防ぐことが可能です。そして、地域制限を解除し、全世界のコンテンツを自由に楽しめます。

Androidで手動でVPNを設定する方法

1.「設定」>「無線とネットワーク」の「その他の設定」>「VPN」>「VPNネットワークを追加」を順にタップします。

2.「VPNネットワークを編集」画面で、必要な情報を入力します:

  • 名前:お好き名前を入力します。

  • 種類:IPSec、PPTP、L2TP/IPSecから一つ選びます。通常、L2TP/IPSecを選択する人が多いですので、ここでL2TP/IPSecを例として解説します。

  • サーバーアドレス:VPNのサーバーアドレス(VPNのIPアドレス)を記入します。※有料のところが多いです。

  • IPSec事前共有キー:共有キーを入力します。

3.「保存」をタップし、VPN接続設定が作られました。このVPNをタップし、「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、「アカウント情報を保存」にチェックを入れ、「接続」をタップし、「接続しました」と表示されたら、AndroidスマホのVPN設定に接続します。

一回タップでAndroidのVPNに自動接続する方法 - 無料アプリ iTop VPN

iTop VPNは、軍事レベルの暗号化で、オンラインセキュリティー最高のVPN無料アプリです。

このアプリをダウンロード、起動してから、UIの真ん中の「接続する」を一回タップするだけでアンドロイドのVPN接続が設定されます。もう一回タップしたら、VPNの接続が切断されます。

関連記事:Appliv:iTopVPNのレビュー

iTop VPNでAndroid VPNにワンクリックで接続

TIPS

追加:iTop VPNは普通のVPNより、ブラウザクリーンアップ、広告ブロック、無料使用、キルスイッチ、スマートロケーションなどのメリットを備えています。

この記事でAndroidの高いセキュリティリスクという問題点とVPN設定によってAndroidのセキュリティを強化する方法を解説しました。二つの方法がありますので、ごニーズに応じて選択してみてください。VPNをあんまり知らない方は、無料アプリiTop VPNをおすすめします。

シェアする
関連記事