75% OFF

Chromeブラウザ用のVPN6選を今すぐ利用しよう!特徴とデメリットの解説つき

安全で自由にChromeでネットサーフィンをするために、Chrome VPNは必要なものです。この記事でGoogle Chrome用のVPN六つをお勧めします。

Chrome専用のVPNと言えば、まず思いついたのはGoogle Chrome用のVPN拡張機能ですよね。これから、クロームVPN六選を特徴とデメリットから別々に解説します。ご需要に応じて選択してみてください。

CyberGhost VPN – 無料で高速なChrome VPN

特徴:

  • IPアドレスを隠します。

  • オンラインデータを暗号化できます。

  • ブロックされたサイトにアクセスできます。

  • 悪意のあるコンテンツをブロックします。

  • Wi-Fiに安全接続できます。

  • 通信速度が速いですし、安定性も高いです。

デメリット:

  • 日本語版ありません。

  • 四つの国からのサーバしか提供しません。

  • Flashコンテンツにアクセスするのに保護を提供しませんし、WebRTC漏れを防ぐこともできません。

CyberGhost VPNのUI

Touch VPN - 無料のVPNとプロキシ

特徴:

  • 無料で使えますし、帯域幅の制限もありません。

  • クレジットカードなどの情報を求めません。

  • ワンクリックでの操作が簡単です。

  • 暗号化や認証機能を提供するSSLプロトコルによる匿名化を提供しますので、追跡と監視を回避できます。

デメリット:

  • 日本語版ありません。

  • 七つの地域からのみのサーバを提供します。

  • 速度がやや遅いです。

Touch VPNのUI

1clickVPN - Chrome向け無料VPN

特徴:

  • 完全無料です。

  • サインアップは必要ありませんし、広告もありません。

  • セッション、速度、帯域幅の制限はありません。

  • すごく簡単なUIで本当のワンクリックでVPNに接続できます。

  • 暗号化や認証機能を提供するSSLプロトコルによる匿名化を提供しますので、安全性が高いです。

デメリット:

  • 五つの国からのサーバしかサポートしません。面倒くさいですが、公式サイトで八つ国からのサーバを使用できます。

  • 通信速度は遅いです。

  • このVPNに関連する情報や詳細設定はありませんので、それ以上の機能が必要な場合にいい選択ではありません。

1clickVPNのUI

ExpressVPN - より良いインターネットのためのVPNプロキシ

特徴:

  • 通信速度が速いですし、帯域幅の制限もありません。

  • ユーザのデータやオンライン活動を保護できますし、公共Wi-Fiホットスポットでの接続を保護できますし、安全性が高いです。

  • 94か国の160のロケーションにある3,000以上のVPNサーバーに接続できます。

  • ブロックされたコンテンツへアクセス可能です。

  • アクティビティログや接続ログを記録しません。

  • Windows、Mac、Linuxに対応しています。

  • WebRTCをブロックすることでウェブサイトからの追跡を回避し、IPアドレスやアクセス場所などのプライバシーを保護します。

  • 多言語対応です。

  • ライブチャットまたはメールでのお問い合わせを24時間サポートします。

デメリット:

  • 無料版又は試用版はありません。

ExpressVPNのUIと購入情報

Windscribe - 無料のプロキシと広告ブロッカー

特徴:

  • IPアドレスを隠します。

  • コンテンツの地域制限を解除できます。

  • 公共Wi-Fiを使用するときは、ハッカーなどからの攻撃による個人情報漏洩を回避できますし、広告主からのオンラインの追跡をブロックできます。

  • ユーザのログを記録しません。

  • 無料版では2GB(メールアドレスの確認で10GB)の通信容量を無料で利用でき、14か国から選んで接続可能です

デメリット:

  • UIが格好いいですが、上記のVPNよりやや複雑です。

  • 完全無料ではありません。

WindscribeのUI

Hotspot Shield Free VPN Proxy – 最も高速なVPN

特徴:

  • WebRTCをブロック可能ですので、Webサイトへアクセスするときは本当のIPを隠します。

  • ブラウザの通信を暗号化できますので、安全なネット環境を構築してくれます。

  • あらゆるコンテンツの地域制限を解除できます。

  • 帯域幅、データ通信量、使用時間の制限はありません。

  • セキュリティ強化機能ではウェブサイトや広告主からの追跡を回避できます。

デメリット:

  • アメリカサーバーとスマートロケーションを無料で使用しかできません。

Hotspot ShieldのUI

Chromeブラウザ用のVPN拡張機能は、ブラウザウィンドウから直接にVPN防御をオンにすることをサポートしますので、使いやすいです。しかし、ブラウザ拡張機能はブラウザにのみ適用しますので、Chromeでのオンライン活動以外の場合にお持ちのデバイスのIPアドレス、データ転送、個人情報などがVPNによって保護されていません。

Chromeで全てのオンライン活動をする方にとっては、上記のGoogle Chrome VPNはたぶん十分だと思われますが、様々なプラットフォームでゲーム、動画、音楽や新聞などを楽しむことを好む方にとっては、包括的なセキュリティ保護のほうがいい選択です。

実は、上記のChrome VPNの中で、1clickVPNを除き、他のVPNは拡張機能もソフトもあります。通常、ソフトはより多くのサーバ、ロケーション、機能を提供します。ここでセキュリティ最高の高速VPNソフト – iTop VPNを強くお勧めします。

iTop VPNのトレードマーク

特徴:

  • IPアドレスを匿名化し、データ転送や全てのオンライン活動を暗号化することで、個人情報漏洩を最大限に回避、プライバシーを保護できます。

  • 100以上の国、1800以上のサーバを提供しますので、ほぼ全世界のコンテンツを楽しめます。

  • Netflix、BBC iPlayer、Disney+、PUBGWarzone、TelegramやWhatsAPPなどのストリーミング、ゲームやソーシャル専用サーバを提供します。

  • 最大五つデバイスで同時利用可能です。

  • Windows、Android、iOSに対応しています。9月下旬にMac版も発表されますので、お楽しみください。

  • 自動キルスイッチ機能を備えていますので、VPN接続が切断されても、いつものままで個人情報を保護可能です。

  • セキュリティ強化機能を提供してくれるので、悪意あるバグを自動検出、修復することができます。

  • ブラウザの広告ブロック、一時ファイルのクリーンアップなどもサポートします。

  • 無料で700MB/日のデータ通信量をお贈りします。普通のストリーミングやサイトアクセスなどに十分ですが、無制限のデータ通信量を楽しめるには、VIPにアップグレードしてください。

  • ユーザログを収集、共有できませんので、ご安心ください。

iTop VPNを起動し、インタフェースの真ん中の「接続する」をワンクリックしてVPN接続が完了です。

iTop VPNの操作UI

この記事でChrome向けのVPN6選とVPNソフト1つを紹介しました。便利さから見れば、Chromeブラウザ用のVPN拡張機能を使用することがいいチョイスですが、安全性から見れば、VPNソフトを使用したほうがいいです。もしVPNソフトを試してみようと思うなら、iTop VPNを強くお勧めします。

シェアする
関連記事