【2021年新作】Mac向けVPN四選お勧め|メリット&デメリット解説

この記事でMacでVPNに接続する理由、macOS向けVPNソフト4選を特徴、デメリットから紹介します。

デジタル時代で、便利さの同時に、個人情報漏洩のリスクも増えています。悪意あるハッカーや会社などは利益のために我々の情報を盗む場合があります。ですから、自由にネットサーフィンをしながらネットワークセキュリティを確保できるのは最高だと思います。この目標を達成する手段の一つはVPNを使うことです。

VPNはプライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれます。お持ちのデバイスのIPアドレスを匿名化し、データ転送や全てのオンライン活動(メールの送信、オンラインショッピング、または請求書の支払いなど)を暗号化することができます。

そして、もしお住いの国はネット検閲が厳しいなら、VPNを使用してその規制を回避可能で、全世界のコンテンツを楽しめます。例えば、Netflix、Disney+、Huluなど。

必要に応じて、Windows、Android、iOS、Linux、macOS、およびルータと互換性のあるVPNを見つけることができます。この記事でMac向けのVPNソフト四選をそれぞれ解説します。

1. ExpressVPN

ExpressVPNは今超人気のMac VPNの一つです。大量のサーバを提供してくれ、ユーザのウェブトラフィックの保護に強いです。そのソフトのインタフェースはすごく操作しやすいですので、パソコン初心者又はVPN初心者に優しいです。また、いつでもどこでもコンテンツの地域制限を高速に完全解除できます。

ExpressVPNのUIとサーバ

ExpressVPNの特徴:

  • ユーザのデータ及びアクセスログデータを記録しないようです。

  • このMac用のVPNは平均速度が135 Mbpsを超えていますので、ストリーミング再生に大きく役立ちます。

  • スプリットトンネリングをサポートします。

  • このMac用のVPNサービスはブラウザ拡張機能も提供しますので、Chrome、SafariやFirefoxというブラウザに追加するだけで利用可能となります。

  • Windows、macOS、Android、iOS、Linuxに対応していて、ルータ、Apple TV、Amazon Fire TV、 Nvidia Shieldと互換性があります。

  • 最低月額料金は$12.95ですが、三十日間返金保証なので、この期限内にご需要に応じて返金可能です。

  • 全世界94国からの3000以上のサーバを提供します。

  • 全ての型番のMacデスクトップとラップトップに適用し、macOS X 10.10からmacOS 11までサポートします。

  • 自動キルスイッチ機能を備えています。

  • 一つのアカウントは五つのデバイスで同時利用可能です。

デメリット:

  • 無料版なくて価格も他のMac VPNソフトより高いです。

  • 内臓のブラウザ広告ブロック機能がついてないので、Web閲覧中の悪意ある広告が表示される可能性があります。

  • iOSおよびLinuxバージョンでスプリットトンネリングを利用できません。

2. NordVPN

NordVPNはDESに代わる新しい標準暗号となるAES-256、及び前方秘匿性(Perfect Forward Secrecy、PFSの略)を採用するMac VPNソフトです。強力な保護を提供していますので、お使いのデバイスのIPアドレスとDNSが最大限に保護されます。そして、NordVPNは政府の検閲を最大程度に避けられますので、ストリーミング、ソーシャルなどを心ゆくまで楽しむことができます。

NordVPNのUI

NordVPNの特徴:

  • ユーザのデータ又はログデータを追跡、記録、共有することができません。

  • このMac用のVPNは平均速度が115 Mbpsです。

  • 世界各地からのIP、サーバを使用できますので、本当のを隠し、通信を暗号化し、安全性の高いネットワークを構築できます。

  • 最低月額料金は$ 11.95です。

  • 59国からの5200サーバーを提供します。

  • 一つのアカウントは六つデバイスで同時利用可能です。

  • 組み込みのツールCyberSecを使用して、広告、やマルウェアをホスティングしているサイトをブロックできます。

  • ChromeとFirefox向けのブラウザ拡張機能を提供します。

  • カスタマイズ可能なキルスイッチが利用可能です。

デメリット:

  • 無料版はありませんし、値段も高いです。

  • macOS 10.12かそれ以降でのみ利用できます。

3. ProtonVPN

ProtonVPNは無制限の帯域幅を提供するMacOS向け無料VPNソフトです。このVPNを使用すれば、インターネットでコンテンツに安全にアクセスできます。Windows、macOS、iOS、AndroidやLinuxに対応しています。

ProtonVPNのUI

ProtonVPNの特徴:

  • ユーザのデータ又はログデータを追跡、記録、共有することができません。

  • 47 Mbpsの平均速度は5 Mbpsが必要なHD 1080Pビデオのストリーミング再生には十分です。

  • ProtonVPNの本社はスイスにあり、世界で最も厳格なプライバシー法があり、監視資本主義に妥協はありません。

  • 無料版は無制限の帯域幅を提供しています。

  • 55国からの1255サーバーを提供します。

  • 最低月額料金は$4です。そして、三十日間返金保証をサポートします。

  • 一つのアカウントは十つデバイスで同時使用可能です。

  • キルスイッチ機能を手動で使用できます。

デメリット:

  • 強力なカスタマーサポートとライブチャットサポートがありません。

  • サポートするサーバとロケーションがやや少ないです。

  • 通信速度はやや遅いです。

  • macOS 10.12かそれ以降でのみ利用できます。


上記のVPNを除き、もう一つ新品 - iTop VPNをお勧めします。iTop VPNはWindows、iOSや Androidに対応していますが、まもなくMacBook Air/Proや iMacシリーズをサポートできます。そして、iTop VPNを使用して、匿名のままで全世界のコンテンツにアクセスできます。

iTop VPNのUI

iTop VPNの特徴:

  • ユーザのデータ又はログデータを追跡、記録、共有することができません。

  • 無料版は無制限の帯域幅を提供しています。

  • ストリーミング専用サーバを使用すると、Webの閲覧、音楽のストリーミング、またはゲームを高速で楽しめます。

  • 公共Wi-fiからWebトラフィックを保護するための機能を提供しますので、あなたのネットワークをいつでも安全に保ちます。

  • 100以上のロケーションからの1800以上のサーバを提供します。

  • 一つのアカウントは五つデバイスで同時利用可能です。

  • 自動キルスイッチとブラウザ広告ブロック機能を提供します。

  • ブラウザの一時ファイルをクリーンアップ可能です。

  • セキュリティ強化機能でPCのバグを検出し、修復することができます。

オンラインセキュリティを保護し、個人情報漏洩を回避し、地域制限を解除してブロックされたコンテンツにアクセスするために、VPNは必要なものとなります。この記事でMac向けVPN四選を解説しました。その中でExpressVPNとNordVPNはいい選択ですが、価格は高いです。ProtonVPNは無料版を提供しますが、ご利用可能な機能は不足しています。後もう一つのiTopVPNは費用対効果が高いですが、Mac用のバージョンは少々お待ちください。とにかく、ご需要に応じて選択してみてください。

シェアする
関連記事
iTop VPN

iOS版iTop VPN

Android版iTop VPN

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
ダウンロード