75% OFF

おすすめのChrome広告ブロックツール8つ

この記事ではおすすめのChromeの広告をブロックできる8つのツールとChromeの広告をブロックする設定をまとめて解説します。

もしChromeでウェブサイトの内容を閲覧する時、たくさんの広告が表示されると、コンテンツに集中できなくなります。

そして、Youtubeなどの動画共有サイトで動画を見る時、いきなりビデオ広告が出てきて、動画の視聴を邪魔しちゃいます。

そのため、広告をブロックして、アド無しでWeb閲覧をしていただければいいと思いませんか?

本文では、Chromeで一部の広告をブロックできる設定とより多くの広告をブロックできるおすすめのツールを8つご紹介します。

Google Chromeの設定では広告ブロック機能が備わってる、一部のポップアップとサイトの広告をブロックできます。まずはChrome広告ブロックの設定方法解説します。

iPhoneでの設定

Step1.iPhoneでChromeアプリを開き、「...」>「設定」の順にタップします。

Step2.「コンテンツの設定」をタップします。

Step3.次の画面で、「ポップアップのブロック」を「オン」にすれば、iPhoneでChromeの広告ブロック設定は完了です。

chrome-ad-off-3.jpg

Androidスマホでの設定

Step1.Chromeアプリを立ち上げ、メニューから「設定」を選択します。

Step2.「サイトの設定」をタップします。

chrome-ad-off-1.jpg

Step3.ここで「ポップアップとリダイレクト」と「広告」の2つとも設定する必要があります。

「ポップアップとリダイレクト」と「広告」の項目に入り、その設定を「xxをブロックする(推奨)」に変更してください。

chrome-ad-off-2.jpg

パソコンでの設定

Step1.PC版Chromeのメニューから「設定」を選択します。

Step2.「プライバシーとセキュリティー」>「サイトの設定」をクリックします。

chrome-ad-off-5.png

Step3.「ポップアップとリダイレクト」で、「サイトにポップアップの送信やリダイレクトの使用を許可しない」を選択します。

chrome-ad-off-6.png

Step4.「サイトの設定」に戻り、「その他のコンテンツ設定」で「広告」をクリックし、「煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックする」を選択してください。

chrome-ad-off-7.png

以上がAndorid、iPhone、パソコンのChromeアプリから広告をブロックする設定です。しかし、Chrome自体の広告ブロック設定は、ほんの一部の広告のみを非表示できます。

次は、ほとんどの広告をブロックできるおすすめの8つの拡張機能とアプリを紹介します。

より多くの広告をブロックするには、やはりChromeから広告ブロックの拡張機能が一番便利だと思います。それでは、まずChromeから直接インストールできる広告ブロックの拡張機能を紹介します。

1.Ad Block - 最高な拡張機能広告ブロッカー

chrome-ads-block-recommend-1.png

Ad Blockはユーザー数が1千万人を超えた、無料で使える広告ブロック拡張機能として、ウェブサイト広告やポップアップ、バナー広告、動画広告はもちろん、マルウェア、悪質なプログラム暗号通貨採掘プログラムなどが埋め込まれた悪意ある広告までブロックできます。

ほとんどの広告をブロックできますが、’’控えめな広告’’を非表示できません。


TIPS

’’控えめな広告’’とは、サイトや広告主が利益の一部を支払い、広告ブロッカーの「Acceptable Ads」というホワイトリストに入っている広告です。

Ad Block一番有名なアドブロッカーの1つとして、無料版ではスマートブロック機能はありませんのが残念です。そのため、ブロックした広告のところに、余白が残されます。

chrome-ads-block-recommend-10.png

2.Adblock Plus - 無料広告ブロッカー

chrome-ads-block-recommend-6.png

Adblock PlusはABPとも呼ばれています。先ほど紹介したAd Blockと似ている名前ですが、同じものではありません。利用者数も1千万人超え、主にChrome上の

バナー、YouTube ビデオ広告、Facebook 広告、ポップアップ、その他目障りな広告をブロックできます。

だが、デフォルトではABPが承認したAcceptable Ads」リストに入れたサイトと広告主の広告は表示されます。

そして、Adblock Plusもスマートブロック機能は備わっていませんので、ブロックした広告のところに余白が残されます。

chrome-ads-block-recommend-11.png

3.uBlock Origin - 効率的なブロッカー

chrome-ads-block-recommend-7.png

uBlock Originの拡張子自体が軽く、メモリ消費も少ないの効率的な広告ブロック拡張機能であるため、CPUにそんなに負荷をかからりませんのがそのメリットです。

ほとんどのサイト広告とYoutube広告を非表示できますし、スマートブロック機能も実装されています。

サイトとYoutube両方とも最適化にされているため、広告をブロックされた後、余分な空白は残りません。

広告をきれいに消してくれますので、筆者が一番おすすめするアドブロックツールでもあります。

chrome-ads-block-recommend-12.png

4.AdGuard 広告ブロッカー - 迷惑な広告を一括で処理

chrome-ads-block-recommend-3.png

AdGuard 広告ブロッカーは軽量で、高速に動作できる広告ブロッカーです。

バナー、ポップアップ、Youtubeビデオ広告、Facebook広告などをブロックし、ページの読み込みスピードをアップできます。

スマートブロック機能が実装されていますので、サイトとYoutubeの広告を非表示にした後、最適化して空白が残りません。

5.Ghostery – プライバシー広告ブロッカー

chrome-ads-block-recommend-9.png

Ghosteryは、無料でサイトやポップアップ広告、YouTube広告などをブロックできる広告ブロッカーです。

不完全なスマートブロック機能が備わって、非表示された広告はウェブページに最適化され、余分な空白は残りません。

しかし、Youtubeの広告をブロックする場合、非表示された広告のところに空白が表示されます。

他のおすすめポイント:強化された追跡防止機能があり、ある程度でプライバシーを保護できます。

6.AdBlocker Ultimate - 性能向上の広告ブロッカー

chrome-ads-block-recommend-2.png

AdBlocker UltimateはChrome上でのYoutube、Facebookなどのウェブサイトトラック広告、ポップアップ、バナー及び動画広告を消し、キレイなウェブサイト閲覧環境を作り出します。

公式サイトでは、’’すべての広告をブロック’できる’’と宣伝しています。ブロックの後、他のサイトに最適化して、空白はありません。ただ、YouTubeに最適化していませんのようで、YouTubeのサイトでは空白があります。

chrome-ads-block-recommend-13.png

拡張機能を使うのほか、広告ブロック機能のソフトを利用するのもChromeの広告を非表示できるいい選択肢だと思います。ソフトなら、Chromeだけでなく、ほかのブラウザなどの広告も対応でき、適用する場面はより広いです。

次はChrome広告ブロックできるソフトをいくつか紹介します。

7.AdLock - 独自の広告ブロックソフト

chrome-ads-block-recommend-4.png

AdLockは独自の広告ブロックソフトとして、無料で15日試しことができます。

Chromeを始め、各ブラウザの広告をブロックできます。それに、アプリ、ゲーム、メッセンジャーなどの広告をすべて非表示することができます。

ただ、拡張機能がありませんので、アプリをダウンロードする必要があります。。

8.iTopVPN - 広告ブロック&自分のプライバシーも守れる

chrome-ads-block-recommend-5.png

iTopVPNは広告ブロック機能が付き、ブラウザのサイトに表示される追跡型広告をブロックできます。

しかも、iTopVPNを接続すると、自分の身を隠し、匿名でインタネットを閲覧できます。自分のプライバシーをしっかり守れます。

広告ブロックとインタネットプライバシー両方を重視する方におすすめします:

以上がおすすめ8つのChromeの広告をブロックツールです。筆者が実際に体験した後、軽量だけど機能が完備しているuBlock Originという広告ブロック拡張機能が一番おすすめです。

Webサイトのコンテンツを閲覧する時たくさんの広告が表示されると、コンテンツに集中できなくなります。

そういう時、この記事を参考して、お好きな広告ブロックツールを使って、嫌な広告を非表示にしましょう。

シェアする
関連記事