Vidnoz AIのリアルなAIアバターを利用して、簡単&無料&迅速に魅力的な動画を作成しましょう! 無料でお試し

GoogleドキュメントでPDFを編集する方法 [ステップバイステップガイド]

Google ドキュメントで PDF を編集する方法の完全なガイドを次に示します。 また、フォーマットを失うことなく Google ドキュメントで PDF を編集する方法も利用できます。

無料のウェブベースのワードプロセッサである Googleドキュメントを使用すると、オンラインドキュメントを作成および編集できます。そのため、通常Microsoft Wordのオンラインの代替手段として認識されています。しかし、Googleドキュメントのほうが一連の機能があり、より多くの種類のドキュメントを処理することができます。 たとえば、PDFを編集することができます。 OCR(光学式文字認識)を利用して画像からテキストを抽出し、PDFを編集可能なドキュメントに変換して、さらに変更を加えることができます。

Googleドキュメントでpdfを編集する方法

GoogleドキュメントでPDFを編集する方法? フォーマットを失うことなく、GoogleドキュメントでPDFを編集できますか? PDFを無料で編集するにはより良い方法がありますか? ここですべての質問に答えることができます。ブラウジングを続け、総合的なソリューションを取得しましょう。

実際には、Googleドキュメントで PDFを直接編集することはできません。 一般的に言えば、 Googleドキュメントは主にWord文書を編集するためのものです。また、スプレッドシート、スライドショー、フォームなどの他のドキュメント形式も、Googleドライブで直接開いて編集できます。しかし、GoogleドキュメントでPDFファイルを編集するには、それをGoogleドキュメント形式に変換し、編集を行ってから、編集したファイルを PDF形式としてダウンロードする必要があります。Googleドキュメントでは、OCRを使用してPDFドキュメントを編集可能にすることができます。ただし、ドキュメントの元の書式設定が認識プロセスで変換される可能性があるので、そこに注意する必要があります。以下では、GoogleドキュメントでPDFを編集する方法の順を追って説明しましょう。

ステップ1. PDFをGoogleドライブにアップロード

Googleドライブのオンライン Webページに移動します。 Googleアカウントでログインします。 左上隅にある「+ 新規」ボタンを押し、「ファイルのアップロード」をクリックして PDF ファイルをGoogleドライブにインポートします。

「ファイルのアップロード」をクリック

ステップ 2.  GoogleドキュメントでPDFを開く

アップロードしたPDFファイルをGoogleドライブでダブルクリックし、Googleドキュメントで開くことを選択します。

「Googleドキュメントで開く」を選択

ステップ 3.  Googleドキュメントで PDFを編集する

Googleドキュメントは自動的にOCRを利用してPDFファイルを識別し、編集可能なファイルに変更します。右上隅にある「編集モード」を選択すると、GoogleドキュメントでPDFを編集できます。

グーグルドキュメントで「編集モード」を選択

ステップ 4.  ドキュメントをPDFにエクスポートする

編集後、「ファイル>印刷」を押します。 保存先の種類で「PDFとして保存」を選択します。その後、印刷ボタンを貼り付けて、編集したPDFファイルをエクスポートします。

ご覧のとおり、GoogleドキュメントでPDFを簡単かつ迅速に編集でき、PDFエディタをインストールしなくてもPDFドキュメントを編集できます。ただし、GoogleドキュメントでPDFを編集するには、いくつかの制限と欠点があることをお知らせします。

• 一つ目は、特に画像やフォームを含むファイルの場合、フォーマットを失うことなくGoogleドキュメントでPDFを編集することはほとんど不可能です。OCRを利用するコースの中に、PDFドキュメントの画像、フォーム、およびドキュメントの書式設定が失われる場合があります。それらの資料を再度追加し、編集したファイルを PDFとしてエクスポートする必要があります。または、他のプロのPDFエディターに助けを求める必要があります。

• 二つ目は、Googleドキュメントではサイズの大きいPDFファイルの処理に失敗する可能性があります。大きなPDFドキュメントは、Googleドライブで処理するのが面倒な場合があります。 大きなファイルのプレビューには制限があります。Googleドキュメントで PDFを編集する場合、プレビューできるファイルの最大サイズは50 MBです。したがって、大きなPDFファイルを編集する必要がある場合、Googleドキュメントは最適なオプションではない可能性があります。

• その他、Google Docsが提供するOCR機能は、異なる種類のPDF に対して異なる結果をもたらします。実際には、すべてのPDF で機能するわけではありません。たとえば、PDFに挿入された画像の単語を認識できません。

総合的に言えば、GoogleドキュメントでPDFを編集するには、いくつかの制限があります。 では、フォーマットを失うことなくGoogleドキュメントでPDFを編集するにはどうすればよいでしょうか。また、大きなサイズのPDFをうまく編集するにはどうすればよいでしょうか? これらの問題を解決するには、以下の代替ソリューションを参照できます。

重書式化または大きなサイズのPDFを問題なく編集したい場合は、プロのPDFエディターを試してください。iTop PDFは、PDFを簡単かつスマートに編集するための一連のツールを提供し、人気急上昇中の無料のPDFマネージャーです。これは、数ステップでPDFを簡単に表示、編集、変換、結合、圧縮、および整理でき、Windows PC用のすべての機能を備えたPDF編集ツールです。

ちなみに、iTop PDFは初心者向けの最高のPDFエディターの1つです。直感的なユーザーインターフェイスにより、必要な機能を数秒で把握できます。PDFドキュメントを編集するには、次のことができます:

• テキストの編集、フォント スタイル/サイズ/色の変更など: iTop PDFに組み込まれたOCR機能を使用すると、テキストの追加、削除、置換、テキストスタイルの変更など、PDFドキュメント内の既存のコンテンツを編集できます。

• 画像とリンクを追加: Wordファイルを編集するのと同じくらい簡単に、画像を直接挿入し、現在編集中の PDFドキュメントにリンクを追加できます。

• オブジェクト、テキスト、画像、フォームなどを削除:  PDFのコンテンツを変更するだけでなく、テキスト、画像、フォーム、その他のオブジェクトなど、不要な部分をPDFファイルから削除することもできます。

• テキストに注釈を付けて強調表示する: これは単なるPDFエディターではなく、PDF蛍光ペンおよび注釈機能でもあります。 デフォルトの線や矢印などを使用して、PDFドキュメントの重要なコンテンツに簡単に注釈を付けることができます。

iTop PDFでPDFを編集する方法


上記まで、iTop PDFの特徴を説明しました。次に、iTop PDFを使用して書式設定を失うことなくGoogleドキュメントでPDFを編集する方法を説明します。

ステップ1. iTop PDFをダウンロードしてインストールします。

ステップ 2.  PDFドキュメントをインポートする

ダッシュボードの「PDF を編集する」をクリックし、編集したい PDF ファイルを追加します。

「PDF を編集する」をクリック

ステップ 3.  PDFを編集して保存する

PDFコンテンツの編集、テキスト/画像の挿入、ブックマークの追加、ページのトリミングなどを行います。次に、上部のメニューバーの保存アイコンを押して、編集したPDFファイルを保存します。

iTop PDFでPDFを編集する

Google ドキュメントで PDF を編集するのは非常に簡単です。ダウンロードなしでオンラインで編集作業をすべて実行できます。しかし、重書式化や大きなサイズのPDFドキュメントをうまく処理できません。また、ドキュメントの読み込みと編集の速度は、ネットワークの状態に大きく影響されます。あるいは、iTop PDFは、あらゆる種類のPDFドキュメントを無料で簡単に処理できるようにします。さまざまなオブジェクトをプレーンテキストからPDFドキュメントの画像/フォームに追加、変更、および削除し、フォーマットを失うことなくすべての変更を保存できます。 Googleドキュメントで満足できない場合は、このPC用の代替PDFエディターを試してください。

関連記事