VPNは違法ですか? VPNの使用を禁止する国は?

近年で増えているオンラインプライバシーの問題に対し、VPN(仮想プライベートネットワーク)はプライバシーを保護できるツールです。VPNを通じて自分のネット上の匿名性と安全性を保護します。

is-vpn-illegal-1.png

VPNサービスを検討する人がますます増えるにつれ、よく言及された問題が浮き出しました。それは、VPNが違法ですか?言い換えれば、違法ではないですか?これは、使い方と使う場合によって状況が異なります。この記事では、日本を含め、様々な地域でのVPNの合法性について説明します。

結論から言うと、VPNの使用はほとんど違法ではないです。

先に結論から:世界中のほとんどの国・地域でVPNを使用するのが違法ではないです(本記事は後でいくつかの例外を説明していきます)。世界中のほとんどの地域はVPNサービスに対する制限がありません。たとえばアメリカで、VPNサービスを訪問し、また匿名性保護が強いネットワークを接続するのは完全に違法ではなくて、法律によって承認されています。そして、ドイツ、イギリス、カナダ及び日本なども同じです。

is-vpn-illegal-2.png

不可欠な点:VPNの使用は完全に合法ですが、ユーザーはVPNで違法行為またサイバー犯罪が行われば、彼/彼女は必ず責任があります。たとえば、ユーザーはオンラインでサーフィンする時に、ローカルISP(インターネットサービスプロバイダー)でオンライン活動を残して、VPNはこれをカバーする可能性がありますが、著作権で保護されたビデオをダウンロード/トレントする時に、ユーザーも責任があります。また、ほとんどの国・地域ではVPNを使って児童ポルノに訪問するのが不正行為ですので、その行為は極めて重大な結果を招きます。

VPNの使用を禁止する国は?

一部の国・地域はVPNサービスが禁止されます。主には中国、ロシア、イラン、北朝鮮、キューバのような権威主義国です。これらの国・地域では、VPNは違法またはブロックされています。中国のような一部の国・地域は、VPNサービスをブロックしようとしています。

is-vpn-illegal-3.png

一部の国では、VPNが法的な禁止/禁止されていませんが、VPNサービスは当局の規制下にあり、利用することも一定の制限があります。たとえば、インドではVPNが違法ではないですが、政府や地方警察がサービスを利用している人々を罰する可能性があります。また、韓国ではVPNを自由に使用できますが、法律に違反し、またオンラインで性的なコンテンツを閲覧する場合には制限されます。

VPNが禁止されている国でVPNを使えないですか?

実は可能です。しかし、当局の追跡と制限を回避するために、高品質で信頼性が高いVPNサービスを選択する必要があります。

簡単に言えば、VPNの本質は、ユーザーの外部のデータを暗号化し、政府機関などの第三者が読み取れないようにすることです。また、暗号化されたトラフィックは、ローカルISPではなく保護されたトンネルに改めてルーティングされ、他のユーザーに公開されません。データはVPNサーバー側のみで復号化され、第三者に検出できません。リターントラフィックを再び暗号化し、ユーザーのコンピュータに送り返します。

is-vpn-illegal-4.pngVPNは転送ステーションのように働きます。この場合、VPNは基本的にデータに対するの検閲や盗聴を避け、そして政府の制御を回避することを目指しています。VPNが禁止されている国・地域でVPNサービスの正当性に関する問題を避けるために、最高レベルの暗号化方式を備えたVPNサービスを選ぶのは一番いいです。

VPNが違法である地域で安全なVPNサービスを利用するメリット

ログなしポリシーが備えています。一番安全なVPNは全てがこのゴールデンルールを守っています。ログがないのは、VPNサービスプロバイダーがユーザーのトラック、データおよび個人情報をサーバーに記録しないということです。したがって、政府が介入したとしても、VPN側はユーザーのデータも公開されません。

より優れた暗号化機能です。ログなしポリシーによって、ユーザーのデータを漏洩しないが知っていますが、そしてもう一つの保障は、データ送信中で匿名性を一層に増強することです。iTop VPNは、二重暗号化プロトコル(HTTPS/SSLプロトコル補完)を提供しています。この技術により、政府はトラフィックを遮断するのはほぼ不可能になります。

匿名で支払い方法です。優れていたWindows VPNサービスプロバイダーは、ユーザーの名前をこっそり収集しません。ただし、あるサービスはユーザーの銀行情報をログインした後で利用できます。無料のVPNサービスを使う場合、事前に銀行情報を記入不要で、クリックしてもいいです。クレジットカード情報もPayPalログインも必要しない、完全に無料で使用できます。

VPNが違法である国・地域でもiTop VPNプレミアムサービスを使用できます。安全性を確保できるVPNサービスは政府の監視と制御を回避できます。iTop VPNは二つの機能が備え、ユーザーのネットプライバシーを政府の監視から守ります。また、VPNが違法である国・地域へ旅行する時、iTop VPNはインターネット制限の問題を解決できます。

is-vpn-illegal-5.png

地域的なブロックを解除する:中国を訪れ、その時に最新のディズニー番組を見たいという状況を想像してみてください。実はね、これが不可能だかもしれないです。なぜなら、中国と中国以外の世界とのインターネット接続はすべてがブロックされているからです。その時、iTop VPNを起動し、「ストリーミング用」をクリックして、Netflix、Disney✙、Huluなどのストリーミング最適化プロキシが見えます。iTop VPNを通じて、中国のような審査国のインターネットブロックを簡単に回避できます。

is-vpn-illegal-6.png

Skypeが禁止されている国・地域に旅行するときに、オンラインで家族とコミュニケーションを取りたいですか?ロシアに住んでいますが、Twitterなしでは生きられないのですか? iTop VPNは、モバイル端末に熱中する人々向けにSNSプロキシを最適化しました。

is-vpn-illegal-7.png

iTop VPNで自由に利用できる素晴らしい機能がたくさんあります。Windows用の最高の無料VPNの一つとして、iTop VPNは完全に無料で、またログインや銀行情報などの個人プライバシーも要求されません。どこでも安心してiTop VPNを使えます。iTop VPNをダウンロードして体験してみましょう。

世界中のほとんどの国・地域でVPNを使用するのが違法ではないですので、ご安心ください。VPNサービスが違法だと考えられる全体主義国に住んでいても、最新のVPNテクノロジーによって十分に保護されます。iTop VPNは、VPNが禁止されている国・地域でおすすめのVPNサービスの一つです。

シェアする
関連記事
iTop VPN

iOS版iTop VPN

Android版iTop VPN

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
ダウンロード