75% OFF

6つ紛失・削除されたWord文書を復元する方法大公開

この記事では、Windows PCとMacで紛失・削除されたWordを復元する方法について、確実なガイドを提供します。パソコンで紛失したWord文書を復元するために読み続けましょう!

Word文書を編集中にパソコンシステムがクラッシュしてしまう、重要な卒業論文が紛失したり、誤って削除されたりしてしまう、Microsoft Word文書がウイルス感染によって破損し、開いたり編集したりすることができないことに遭うことがあるでしょうか?世界中の人々は、多様な理由で毎秒のワードファイルを失っています。それによってWord文書や他のファイルのバックアップを作成するを思い出さるように、世界バックアップの日が誕生しました。もしあなたが、残念ながら、バックアップを持っておらず、失われたWord文書を復元する方法を疑問に思っているなら、この記事を是非読んでください。

how-to-recover-word-1.jpg

ほとんどのワードファイルの紛失が誤って削除、システムクラッシュ、およびHDDの破損などによって引き起こされることを考えると、ワードファイルのバックアップ、および文書の復元は、WindowsとMacユーザーに対してはありふれる話であり、コンピュータから紛失したり削除したワード文書を復元する方法はもう難しくなくなります。この記事はWindows PCまたはMac上のワード文書を復元するために、サードパーティサービスプロバイダがどのように取り組んでいるのかを解説します。

答えはYESです。他のファイルで上書きされていない限り、紛失または削除されたワード文書を復元することができます。では、どのようにPC上の失われたWord文書を復元するのでしょうか?実は、文書を失った場合と場所に応じて、ファイル復元の対応方が異なります。

一般的に、WindowsとMacの両方のMicrosoft Wordユーザーのためのデータ損失の状況の2つのタイプがあります。一つは、Word文書が誤ってHDDから削除またはフォーマットされたことであり、もう一つは、ファイルがシステムまたはソフトウェアのクラッシュ、コンピュータの故障、またはHDDの破損などの予期しない理由のために失われたり、未保存であることです。

今どんな状況に直面していても、データの上書きを避けるために、すぐにコンピュータの使用をストップする必要があります。その代わりに、以下の内容であなたの状況に最適な方法を見つけ、すぐにワードファイルの復元を始めましょう。

まず、最も一般的な原因とするMacとWindows PCで削除されたワードドキュメントを復元する方法から始めましょう。

Windows PCでWord文書を削除した後、最初に確認すべきところは「ごみ箱」です。しかし、削除されたファイルを復元できるかどうかは、Word文書が「Shift + Delete」キーを押して永久に削除されたか、またはごみ箱を空にしたかによります。

幸いにも、削除されたワードファイルがまだごみ箱にある場合、ここでは、Windows PCのごみ箱から削除されたWord文書を復元する方法を説明します。

ステップ1.デスクトップ上のごみ箱のアイコンをダブルクリックして起動します。

ステップ2.復元したい削除されたワードドキュメントを見つけます。

ステップ3.ファイルを右クリックして、「復元」を選択し、以前保存した元の場所に文書を復元します。

how-to-recover-word-2.jpg

削除されたWord文書が「ごみ箱」に見つからない場合、ファイルは永久に削除されたおそれがあります。このような状況では、Word文書の元データは、新しいデータで上書きされる前にHDDに保存されます。つまり、あなたはまだiTop Data Recoveryのような信頼性の高い復元ソフトを使用して、Windows PCからこれらのファイルを復元する機会を得ることができるのです。

では、どのようにWindows 7/8/10/11で削除されたワードドキュメントを迅速かつ効率的に復元しますか?正しい方法は、 PC上の任意の操作を停止し、iTop Data Recoveryをインストールし、すぐに削除されたWord文書を復元することです。

なぜiTop Data Recoveryなのか?

iTop Data Recoveryは、Windows 7/8/10/11の用の最高の高速データ復元ツールの一つです。ユーザーフレンドリーなインターフェースと使いやすい操作のほかに、Word文書2019/2018/2016/2013/2010/2007などで、失われたファイルを上書きしないので、Word文書復元に十分安全でクリーンなソフトと思います。

iTop Data RecoveryでWindows上の削除されたワードドキュメントを復元する方法は?

ステップ1.Windows PCにiTop Data Recoveryを無料ダウンロードし、インストールします。

       

3,000,000+ Downloads
from 100+ countries & regions

iTop Data Recoveryの特徴
  • 画像、音楽、ドキュメント、ビデオなどの1000以上のファイル形式を復旧します。
  • ほとんどのストレージデバイスに対応し、失われたファイルを取り戻します。
  • 重要なデータを高速に復元します。
  • データ復元の前に無料でプレビュー・データを確認できます。

Windows 11/10/8/7対応

ステップ2.スキャンしたい PC上の場所と検索したいファイルの種類を選択し、「スキャン」をクリックして起動します。

how-to-recover-word-3.jpg

ステップ3.左サイドバーの「ドキュメント」ファイルタイプにチェックを入れて、結果をフィルタリングします。

how-to-recover-word-4.jpg

ステップ4.復元したいドキュメントを選択して、「復元」ボタンをクリックして、削除されたファイルの復元を進めます。

削除したWord文書を復元したいMacユーザーのために、単に次のソリューションを確認してください。

どのようにMacのゴミ箱から削除されたWord文書を復元するのか?

Windowsのごみ箱と同様に、Macは削除されたファイルを一時的にごみ箱に置き、復元できるようにします。Macのゴミ箱から削除されたWord文書を復元するには、単にランチパッド上のゴミ箱アイコンをクリックし、削除された文書を見つけて、それを右クリックして、「復元」を選択します。

how-to-recover-word-5.jpg

Macで永久に削除されたWord文書を復元する方法は?

削除された文書がMacのゴミ箱に見つからない場合、失われたWord文書を復元する場合には、心配しないでください。無料のMacデータ復元ソフトをおすすめします。ここでは、無料ソフト-Lazesoft Mac Data RecoveryでMac上で削除されたWord文書の復元手順です。

ステップ1.iMac、MacBook Air、またはMacBook ProでLazesoft Mac Data Recoveryをダウンロードします。

ステップ2.ディスクまたはパーティションを選択し、Mac上で削除されたファイルまたは失われたファイルをすばやくスキャンします。

ステップ3.「doc」のファイルをフィルタリングし、削除されたドキュメントを選択し、「Recover」をクリックします。

how-to-recover-word-6.jpg


システムクラッシュやその他の制御不可により、又はWord文書が不意に失われたり保存されなかったりした場合、このパートで失われたワード文書を復元する方法を紹介します。

Word文書はいくつかの人為エラーのために失われるの場合、Microsoft Officeの内蔵機能であるAutoRecoverで失われた文書を復元できるかもしれません。

以下のチュートリアルでは、失われたWord文書をAutoRecoverで復元する方法について説明します。

ステップ 1. PCでWordを起動し、メニューバーから 「ファイル」を選択します。

ステップ 2.左サイドバーの「情報」を見つけます。

ステップ3.ドキュメントの「管理」ボタンをクリックし、「保存されていないドキュメントの復元」を選択します。

how-to-recover-word-7.jpg

システムクラッシュは、ソフトが反応しない、予期しないシャットダウン、ドキュメントを保存せずにソフトが強制終了するなどの結果をもたらします。

Microsoftのエンジニアは、クラッシュ後にWord文書を復元することを比較的簡単にしましたので、ここでその方法を説明します。

ステップ1.保存されていないファイルを自動的に検索するために、Wordを再起動します。

ステップ2.左側にドキュメントの復元タスクペインが開き、紛失されたドキュメントが 「ドキュメント名 (オリジナル)」または 「ドキュメント名 (復元)」が表示されています。

ステップ3.ドキュメントを選択し、「名前を付けて保存...」をクリックすると、復元されます。

how-to-recover-word-8.jpg

何が原因で保存せずにWordをシャットダウンとしても、Microsoft Wordの自動保存機能に基づいて、保存されていないWord文書を復元しようとすることができます。

Microsoft 365に加入している場合、Word文書への変更は、作業中に数秒ごとに自動的に「クラウド」に保存されています。そして、Microsoft Wordを再開すれば、ほとんどの場合、保存されていないWord文書を自動的に復元します。

ローカルディスクに自動保存されるように設定されている場合、保存されていない文書の変更は10分ごとに自動回復ファイルに保存されます。保存されていないWord文書を復元する手順は下記に参照してください。

ステップ1.Wordを起動し、上部の「ファイル」をクリックし、「保存」を選択した後、すべてのAutoRecoverファイルのファイルパスを確認し、コピーすることができます。

how-to-recover-word-9.jpg

ステップ 2.ファイルエクスプローラにファイルパスを貼り付けてAutoRecoverフォルダを開き、その中に保存されていないWord文書が.asdというファイル拡張子が表示されています。

ステップ3..asdファイルの名前をコピーし、Wordに戻り、「ファイル」をクリックし、「開く」を選択します。

ステップ4.下のメニューにスクロールして、「保存されていない文書を復元」をクリックします。

how-to-recover-word-10.jpg

ステップ5.コピーしたファイル名をポップアップの「ファイル名」に貼り付けてから、ファイルを復元します。

どのようにWord文書が失われたり削除されたりするのを防ぐのか?

何時間もかけて編集したWord文書が消えてしまうなんて、どんなに悔しいか想像してみてください。では、今後Word文書を失わないようにできることは何でしょうか?

ここでは、いくつかのヒントをご紹介します。

 編集中に保存する習慣を身につけましょう。

 すべてのファイルを手動で定期的にHDDにバックアップするか、Wordの「自動バックアップ」機能を有効にします。

 ファイルおよびそのバックアップをクラウドに保存します。

 いつでもデータ復旧ができるように、iTop Data Recoveryを必ずパソコンにインストールしておいてください。

まとめ

削除または紛失したWord文書を復元する方法は、特にサラリーマンや大学生にとって共通の問題になっています。Microsoft Word文書を紛失したり削除したりした場合、その辛さがよくわかるでしょう。

ですから、誤って削除してしまった、操作を間違えた、システムクラッシュ、ウイルス、ハッカーなどによるデータ紛失に備えましょう。定期的なバックアップの他に、iTop Data RecoveryをWindowsコンピュータにインストールして、文書、写真、音声ファイル、およびビデオをすぐに復元できるようにしましょう。

シェアする
関連記事