ポケモンGO位置偽装方法を解説!海外でも自宅でもポケGOを楽しめる|2021年最新

海外でも自宅でも、都市でも田舎でも、ポケモンGOの位置を偽装することで、地域限定ポケモンを入手する方法をここで解説します。

近年、人気ゲームとしてポケモンGOは、115か国に普及していきます。しかし、その中で、イラン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦や中国などポケモンGOに地域制限がある国へ出張又は旅行する場合、ポケモンGO VPNがなければ、プレイヤーすることはできません。このとき、VPNを使用すれば、実際の位置情報を偽装しポケモンGOでいつものように遊べます。

また、世界の地域限定のポケモン、例えば、アメリカのハブネーク又はフランスのクレッフィを入手したい場合、その国にいかなければなりません。行く機会がなければ地域ポケモンはゲットできません。このとき、ポケGOの位置偽装に役立つVPNを使用して自宅で海外限定のポケモンを捕まえられます。

ポケGOゲーム

ポケモンGOの地域制限を解除するには、IPアドレス(ネットワークアドレス)とGPS位置(物理的位置)の両方を一致させる必要があります。つまり、ポケモンGO用のVPNと、BAN回避のための位置情報を偽装するチートアプリを使用しなければなりません。

ポケモンGOの位置一方、任天堂は、位置情報を偽装しポケモンGOをチートプレイすることを公式に禁止しましたから、モックロケーションマスキングモジュールとGPSスプーフィングアプリは必要なツールとなります。こうして位置を偽装したかどうかはポケGOから検出されません。

Android向けのポケモンGO位置偽装方法

ステップ1. ここでAndroidデバイスを例としてポケモンGO(Pokemon GO)のGPS偽装方法を解説します。Fake GPS LocationのようなGPS偽装可能のアプリをインストール、開きます。表示したいGPSの場所を検索するか、いきたい場所にカーソルを直接に移動します。

Android向けのFake GPS Locationステップ2. 通常、「設定」>「デバイスについて」の順にお持ちのAndroidデバイスのビルド番号を見つけます。その「ビルド番号オプション」を数回タップします。これにより、「開発者向けオプション」がオンとなっており、プロンプトが表示されます。複数の開発者オプションから「モックロケーションアプリの選択」又は「モックロケーションを許可する」にチェックを入れます。

Androidデバイスのビルド番号を確認ステップ3. Googleで「Mock Mock Locations」というモジュールの名前を検索し、Xposedサイトからモジュール(APK形式)をダウンロードできます。このシンプルなアドオンを使用したら、モックロケーションが有効になっているかどうか検出されません。

Mock Mock Locations

ステップ4. iTop VPNは、IPアドレスを偽装できるセキュリティ最高の無料VPNソフトです。iTop VPNをダウンロード、インストール、開き、フェイクGPSの位置に合わせるIPアドレスを選択し、UIの真ん中の「接続する」をクリックするだけで、ポケモンGOの位置を完璧に偽装してしまいます。

IPアドレスを偽装するためのiTop VPN

ステップ5. 最後、VPNの開いたままGooglePlayでAndroid用のPokemonGoをダウンロードします。

PokemonGoをダウンロードPokemon GOのリリースされていない国へ旅行又は出張すれば、iTop VPN だけでアメリカのGoogle PlayからポケモンGoを簡単に使用できるようになります:

1. iTop VPN を起動し、アメリカのサーバーを選択し、「接続する」をクリックし、アメリカのGoogle Playストアにアクセスできます。

2. スマートフォンの「設定」に行き、「アプリ」>「GooglePlayストア」>「ストレージ」を順に選択します。

3. 「データを消去」をタップし、確認します。

4. Google Playを開き、利用規約に同意します。

5. 「Pokemon Go」を検索、ダウンロード、インストールします。

アメリカのGoogle Playストアからのダウンロードですので、アメリカ版のポケモンGOが提供されています。その後、VPN接続を切断しても、そのバージョンのポケモンGOを使用することもできます。

TIPS

Fake GPS location以外にも、Fake GPS Location Spoofer FreeVPNa Fake GPS Location - Mock GPS Goという二つのAndroid向けのポケモンGOチートアプリを利用することもできます

Androidスマホを除き、iPhoneでポケモンGOの位置を偽装したい方もいます。実は、AndroidでもiPhoneでも論理が同じです。iPhone向けのチートアプリを使用すればいいです。次はiPhone向けのポケモンGO位置偽装アプリのオススメです。

iPhone/iPad用のポケモンGOチートアプリ5選【2021最新】

PokeGo ++:ジョイスティック操作で移動しやすいですし、体の動きは不要です。

iPokeGo for Pokémon GO:デバイスの脱獄が不要ですが、アカウントがバレる可能性があります。

TUTUアプリ:ジョイスティック操作で簡単に移動できますし、テレポートや高速移動が可能です。

iSpoofer:GPXによる自動ウェリング機能、高速キャッチングのような技能などを備えて、とても使いやすいです。

iTools:ポケモンGOの位置偽装だけでなく、iTunesの代わりに利用することもできます。パソコンにインストールする必要があり、日本語には対応していないです。

以上はAndroidとiOSで利用可能なアプリやポケモンGOチートのやり方です。

  • iTop VPNのサーバールームは全世界に配置されていますので、GPSをよりよく調整し、任天堂をごまかすことができます。

  • iTop VPNは100以上の場所、1000以上のサーバーを提供しますので、ポケGOに対応する場所の選択は心配する必要がありません。

  • iTop VPNはVPNの無料モードを提供し、毎日700MBの無料データ転送量を贈ります。クレジットカード情報は必要なく、ソーシャルログインも必要ありません。

とにかく、iTop VPNは、ポケモンGOの地域制限、ポケモンの地域限定を解除することに大きく役立ちます。さらに、PUBGのような他のモバイルゲームをプレイするのにも役立ちます。また、iTop VPNは、地域制限の解除以外、データのセキュリティを保護し、個人情報の漏洩を防止できます。

ポケモンGOの位置情報を偽装することが検出されたら、三回の警告が実行されます。一回目は七日間でレアなポケモンを見つけることができません。二回目は三十日間でアカウントが停止されます。三回目はアカウントが永久に剝奪されます。

ですから、ポケGO位置偽装を行うためのチートアプリは慎重に選択してください。

ポケモンGOを知らぬ方への紹介

2016年7月6日にリリースされたポケモンGO(ポケモンゴー)は、AndroidとiOSスマートフォン向けGPS位置情報ゲームです。スマートフォンのGPS機能を使用しながら現実世界を歩いて探索することで、ポケットモンスターキャラクターの捕獲・育成・交換・バトルなどを画面上でプレイすることができます。

AR機能を利用しスマホのカメラ機能を作動させ、画面内に映る現実風景の上に重なるように現れたポケモンに対して、モンスターボールをスワイプして投げ、うまくポケモンに当たると捕獲できます。

近年成果:

2017年6月18日 - 世界累計ダウンロード数が7億5千万回を突破しました。

2018年6月26日 - 市場分析会社によると2016年に7月にリリースしたとき以来の最大のアクティブユーザー数となっています。

2019年8月1日 - 世界累計ダウンロード数が10億ダウンロード突破しました。

より詳細な情報:Pokémon GO『ウィキペディア(Wikipedia)』

この記事でiTop VPNとFake GPS Locationを使用してポケモンGOの位置を偽装することでポケモンGOチートのやり方を解説しました。AndroidスマホでもiPhoneスマホでも、少し時間かかり、このやり方を知り、手順に従って操作したら、ポケモンGOのチートで全世界のポケモンを捕獲できます!さっさとやりましょう!

シェアする
関連記事
iTop VPN

iOS版iTop VPN

Android版iTop VPN

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
ダウンロード