75% OFF

【2022全解】PCやスマホで固定IPアドレスを設定|固定IP基本知識つき

この記事で固定IPアドレスの設定方法、理由、利点及び固定IPアドレスの意味を詳しく解説します。初心者でも分かりやすいので、ぜひご覧ください。

ここで、固定IPアドレスの設定方法、設定理由、利点および最高の無料専用IP VPNを説明します。Windows10/7、Mac、Android、iOSに対応していて、システムによって対処法を選択可能ですので、ぜひお見逃しなく!では、読み続けましょう!

Windows10とWindows7向けに固定IPアドレスを設定

Windows10の場合

ステップ1.Windows10画面の左下隅にあるWindowsロゴ「スタートボタン」を右クリックし、表示されるオプションから「ネットワーク接続」をクリック、「ネットワークの詳細設定」の下から「アダプターのオプションを変更する」を選択します。

ステップ2.WiFi又はイーサネットを右クリックし、「プロパティ」をクリックし、表示される画面で「インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」にチェックが入っていることを確認後、「インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」をダブルクリックします。

ステップ3.「次のIPアドレスを使う」、「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れ、固定IPアドレスを入力します。

例:

IPアドレス

192.168.0.XXX(2~254)

XXX部分は他のデバイスのと同じではない

サブネットマスク255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ192.168.0.1
優先DNSサーバー192.168.0.1

ステップ4.「OK」をクリックしWindows10固定IPアドレスの設定を完了します。

Windows7の場合

ステップ1.Windows7の画面の左下隅にある「スタートボタン」>「コントロールパネル」>「ネットワークと共有センター」>「アダプターの設定の変更」を順にクリックします。

ステップ2.「ローカルエリア接続」又は「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ3.この後はWin10固定IPアドレスの設定手順と同じです。「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」にチェックが入っていることを確認後、「インターネットプロトコルバージョン 4(TCP/IPv4)」をダブルクリックします。

ステップ4.「次のIPアドレスを使う」、「次のDNSサーバーのアドレスを使う」にチェックを入れ、固定IPアドレスを入力します。

例:

IPアドレス

192.168.0.XXX(2~254)

XXX部分は他のデバイスのと同じではない

サブネットマスク255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ192.168.0.1
優先DNSサーバー192.168.0.1

ステップ4.「OK」をクリックしWindows7固定IPアドレスの設定を完了します。

TIPS

代替DNSサーバーは空欄です。

Mac向けに固定IPアドレスを設定

ステップ1.Macでアップルメニュー>「システム環境設定」>「ネットワーク」を順にクリックします。

ステップ2.表示されるリストからEthernet、WiFiなどの使用したいネットワーク接続を選びます。

WiFiの場合

ステップ3.リストから「WiFi」を選択した後、画面の右下にある「詳細」をクリックします。

ステップ4.「TCP/IP」をクリックし、「IPv4の設定」から「手入力」を選択し、「IPv4アドレス」、「サブネットマスク」を192.168.0.XXX、255.255.255.0のように別々に入力し、「ルーター」にWiFiルータのIPを入力します。

ステップ5.最後、「OK」>「適用」をクリックし、Mac向けの固定IPアドレス設定を完了します。

Ethernetの場合

ステップ3.「Ethernet」を選択した後、「IPv4の構成」から「手入力」を選択します。

ステップ4.「IPv4アドレス」、「サブネットマスク」を192.168.0.XXX、255.255.255.0のように別々に入力し、「ルーター」にゲートウェイアドレスを入力します。

ステップ5.「詳細」>「DNS」>追加ボタン(プラスアイコン)を順にクリックし、ISPのDNSサーバアドレスを入力します。「OK」>「適用」をクリックし、Mac向けの固定IPアドレス設定を完了します。

iPhoneスマホ向けに固定IPアドレスを設定

ステップ1.「設定」>「Wi-Fi」>接続されたWiFi横の感嘆符「!」を順にタップし、表示されるIPアドレス、サブネットマスク、ルーターの値を覚えてください。

ステップ2.自動状態(DHCP)の「DNSを構成」をタップし、表示されるDNSサーバの値を覚えてください。

ステップ3.また先の画面に戻り、「IPを構成」を自動(DHCP)から手動(静的)に変更します。先ほどのIPアドレス、サブネットマスク、ルーターの値を入力するか、使用したい別の値を入力します。そして、「保存」をタップします。

ステップ4.「DNSを構成」を自動(DHCP)から手動(静的)に変更し、「サーバを追加」を選択し、先ほどのDNSサーバの値を入力します。そして、「保存」をタップします。

ステップ5.最後、任意のアプリ又はサイトを起動して、今回のIPアドレスの固定設定は成功したかどうかを確認します。

Androidスマホ向けに固定IPアドレスを設定

ステップ1. 「設定」>「末端情報」>「末端の状態」をタップし、「IPアドレス」を見つけて今の値を覚えてください。

ステップ2.ホーム画面に戻り、「設定」>「Wi-Fi」をタップし、今接続しているSSID名を選択し、「削除」をクリックします。

ステップ3. IPアドレスを固定したいSSID名をタップし、Wi-Fiルータの暗号化キーを「パスワード」に入力します。

ステップ4.「詳細設定項目」をタップし、表示されるリストからIP設定項目の「DHCP」をタップし、「静的」に変更します。

ステップ5.先のIPアドレスを半角数字で入力するか、使用したい別のIPアドレスを入力します。

ステップ6.「接続」をタップし、AndroidスマホのIPアドレスを固定に設定します。

ステップ7.ホーム画面に戻り、任意のアプリ又はサイトを起動して今回のIPアドレスの固定設定は成功したかどうかを確認します。

TIPS

  • SSIDとは、Wi-Fiでは接続先を識別するために名前を付ける仕組みになっていることです。簡単に言えば、ネットワーク名ということです。

  • 暗号化キーの確認方法:Wi-Fiルーター本体のシール(またはセットアップカード)、Wi-Fiルーターの設定画面、又はパソコンやスマホのOS環境で確認できます。ゲートウェイ以下の値は自動で設定されます。

固定IPアドレスを設定しても、IPアドレスを変更しても、VPNを使用するのはいい方法です。

固定IPアドレスが使えるVPNとは、インターネットに接続するためにVPN提供者から与えられる専用IDです。個人情報を隠したり、プライバシーを保護したりするサービスを提供しています。また、別の固定IPアドレスを提供し、匿名のオンラインユーザーとして閲覧するように役に立っています。

ここでおすすめのiTop VPNを例として説明すれば、分かりやすくなります。

iTop VPNは、信頼できるVPNとして、VPN用の固定IPアドレスによって、すべてのブロックされたサイトやアプリにアクセスできる存在です。また、サイトを安全に接続するために、軍用レベルの暗号化サービスを提供して、効率的で簡単にIPアドレスを匿名化できます。

テレワークの場合、iTop VPNを使用して会社の機密情報の漏洩などを予防することができます。海外出張又は旅行の場合、地域制限を解除し、自由にお好きなコンテンツを楽しめます。

iTop VPNのほかの特徴:

  • 元のIPアドレスを固定IPアドレスに変更できます。

  • 安全でISPに接続されていることを確保し、中断なしでネットサーフィンできます。

  • 交換性が高いですので、PC(Windows11、Windows10、Windows7など)でもスマホ(iPhone、Android)でも利用可能です。

  • すごく便利です。ワンクリックで固定IPアドレスを設定できます。

  • 有料版であれば、五つのデバイスで同時利用可能ですので、デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレットPC、スマホなどで同時に固定IPアドレスを設定できます。

  • 内蔵のAdBlockerは、オンライン広告をブロックし、プライバシーを保護できます。

固定IPアドレスを設定するにはiTop VPNの利用方法は?【PC+スマホに適用】

iTop VPNを利用し簡単に固定IPアドレスを設定する場合は、以下の手順に従ってください。

ステップ1. iTop VPNをダウンロードしてインストールします。Windows、iOSやAndroidの利用可能です。Mac版が9月28日に発表されますので、お楽しみください。

ステップ2.iTop VPNを起動し、「接続する」ボタンをクリックし、自動的に最も安定して最速のサーバー(又は最適なサーバ)に接続します。お持ちのデバイスが固定IPアドレスでVPNに接続されたことになります。ボタンの上で詳細なIPアドレスを確認できます。

iTop VPNで今の動的IPを静的IPに変更

ステップ3.そのほかの地域のサーバに接続すれば、左サイドバーの「全サーバー」をクリックして、リストから他の無料サーバーを選択して接続することもできます。

TIPS

利用可能な無料サーバは、日本、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、フランスやイギリスなどの国を含みます。もし韓国、ロシア、インドやスペインなどのサーバに接続したいなら、有料版を入手しましょう。

IPアドレスを確認するには、iTop VPNの「IPチェッカー」機能を利用できます。ただワンクリックで分かります。

これはiTop VPNを利用して今の動的IPを固定IPアドレス(静的IP)に設定する方法です。簡単ですよね!固定IPアドレスを設定できるし、通信のセキュリティも確保できるし、強くお勧めします。

VPNというものをあまり知らない方であれば、【2022新作】VPNとは何か?初心者でも分かりやすいVPN解説セキュリティ確保のためにフリーWiFiとVPNを併用する必要性という記事をご参照ください。

無料のサーバーを提供して固定IPアドレスを割り当てるiTop VPNとは異なり、静的IPやその他のサービスを楽しむために支払うべきVPN提供者が増えています。下記では、固定IPアドレスが設定できる有料VPNをご紹介します。

Trust.Zone

Trust.Zoneは個人情報を保護し、特定地域で制限されたサイトのブロックを解除する超素敵なVPNで、トレントやプライバシーに配慮したIPアドレスを提供します。インターネットのトラフィックを暗号化し、サイバー脅威から保護する匿名のVPNサービスです。Trust.Zoneはログインポリシーがないため、VPN接続するように個人情報を提供する必要がありません。

Trust.Zoneで専用IPアドレスに変更

Ivacy VPN

Ivacy VPNは、無制限の帯域幅があるので、安全確保でストリーミングを行うことができます。また、NetflixやHuluなどのストリーミングサイトのブロックを解除できます。VPN接続失敗した場合でも、プライベートを確保できます。そして、制限されたコンテンツに最速アクセスできます。Ivacy VPNは、Edge、Chrome、Firefox用の拡張機能によると、接続失敗した場合にプライバシーや閲覧を保護するキルスイッチ機能を提供しています。

Ivacy VPNで静的IPに設定

VyprVPN

この固定IPアドレスが使えるVPNは、プライバシーを保護し、安全な接続を提供します。VyprVPNは単独のサーバーを持ち、サードパーティのネットワークを使わずに運用しているため、ユーザーは最高レベルのプライバシーを楽しむことができます。シンプルでアクセスしやすい画面で、クリックして接続になります。このプログラムは接続を暗号化し、犯罪者、スヌープ、ハッカーなどの侵入ができません。

VyprVPNでの固定IP設定

この部分では、固定IPアドレスの意味とその設定理由について説明します。

固定IPアドレスとは

ネットサービス提供者から割り当てる永久番号が固定IPアドレスで、専用IPアドレスとも呼ばれます。これらのIPアドレスは決して変更されることはないので、他のデバイスはこのIPアドレスを使用している機器と関連できます。そして、ルーター、タブレット、ラップトップなどのデバイスに静的IPを設定できます。

固定IPアドレスが使えるVPNとは

一般的に、VPNは、動的IPアドレスを使用する場合は多いですが、一方で、固定IPアドレスを設定したVPNが選択の一つとして提供することもあります。VPNは、選択された地域に設置されたサーバーにより、通信線路やトラフィックを暗号化します。固定IPアドレスを設定したVPNは、元のIPを隠し、場所によって新しいIPに変更します。

無料VPNで共有の固定IPアドレスが提供している場合、皆は毎回同じIPアドレスを得ることになります。一方、自分だけ使用する固定IPアドレスが欲しい場合は、自分だけの固定IPアドレスを提供するVPNパッケージを選択してください。VPN 用の静的IPまたは専用IPを取得するには、料金を支払う必要があります。

固定IPアドレスを設定する理由

  • 固定IPアドレスは、プライベート接続の制御および管理ができます。

  • 多くのオンラインサービスでは、信頼性が高く、合法的であると考えて、固定IP アドレスを利用しているユーザーのみを対象としています。

  • 固定IPアドレスで、検閲や制限のあるサイトにアクセスできます。

この記事では、固定IPアドレスを手動で設定する方法、及び固定IPアドレスが使えるVPNの使用方法を紹介しました。Windows10でもMacでも、iPhoneでもAndroidでも、必要に応じて適当な方法を選択してIPアドレスを固定することができます。

実は、VPNにおける固定IPアドレスの重要性を知っているユーザーは多いです。固定IPは、ネットサーフィンの際に安定した安全な接続を提供するだけでなく、一部のサイトのVPN検出を回避して、どこからでもオンラインコンテンツをスムーズに楽しむことができます。

固定IPアドレスを設定した様々なVPNは、制限されたWebサイトへのアクセスを許可する機能を提供しますが、すべてのうち、iTop VPNは脅威からあなたを保護するだけでなく、固定IPアドレスであなたの本当のIPを変更することができ、最も便利で最も効率的なVPNプログラムです。

とにかく、IPアドレスを固定するとか、オンライン中に匿名で閲覧するとかのために、iTop VPNは最適なVPNツールとしてお勧めします。

シェアする
関連記事

ブラックフライデー限定セールが開催中!

最大82%オフ で安全かつ高速のVPNをゲット!期限限定なので、ぜひ、お見逃さないでください!

今すぐゲット