製品版を購入
更新日:2022/09/02

必見!YouTubeライブ配信の録画する6つの方法|PC、スマホ別

好きなライバーさんのライブ配信をしています。もし配信者側がライブをアーカイブに残らない場合、ライブ配信をリアルタイムで録画して保存しないと、ライブ終了後に配信を再視聴することができなくなります。 また、生放送を録画して、素早くクリップなどを作成することもできます。 では、どのツールでYoutubeのライブ配信を録画した方がいいのか?

この記事では、PC,Mac,iPhone,Androidを分けて、Youtubeライブ配信録画のやり方を6つまとめていました。ぜひご一読ください。

Windows PCでYouTubeライブ配信を録画する方法

Windowsパソコンでは、様々の録画ソフトがあって、Youtubeのライブ配信を録画して保存することができます。ここでは、代表的な録画ソフトを2つご紹介します。

1.高画質かつ長時間録画対応の録画ソフト:iTop Screen Recorder

Youtubeのライブ配信を録画する時、やはり画質と安定性が一番重要なポイントだと思います。ここではまず、最大4kの高画質かつ高精度でYoutubeのライブ配信を録画可能な録画ソフト:iTop Screen Recorederをご紹介します。

この録画アプリは、Youtubeの生配信を内部音声付きで録画できますし、録画に時間の上限もありません、何時間も録画できます。そのほか、編集機能も搭載しており、録画したYoutube liveのファイルを編集することもできます。

次は、iTop Screen Recorederを使ってYoutubeの生配信を録画する手順を解説します。やり方は簡単ですので、初心者でもすぐにできます。

Step1.iTop Screen Recorderをお使いのパソコンにダウンロードし、インストール、起動します。

Step2.YouTubeで録画したいライブ配信を開き、iTop Screen Recorderで録画領域と収録する音声オプションを設定してください。

tipsパソコンの内部音声だけを収録したい場合:スピーカーをオンにして、マイクをオフにしてください。

録画領域と音声収録設定

Step3. 設定が完了したら、「REC」ボタンを押せば、Youtube生放送の録画は始まります。

Step4. 録画を停止したい場合、「F9」を押してください。すると、録画したYoutubeの生配信はパソコンに保存されます。

tips

予約録画機能でYouTubeライブの生放送を録画することもできます。

三本線のオプションアイコンをクリック、「収録予定」をクリックします。

次ぐに、Youtuberライブ配信の開始時間を設定し、画面録画の領域を設定しておきます。

予約の時間になると、iTop Screen Recorderは自動的にYoutubeライブ配信を録画します。

Youtube生放送を予約して録画

2.OBS StudioでYoutubeの生放送を録画

メリット:無料で録画できる

デメリット:設定が面倒で、初心者にとって使いづらい

      専用の録画ソフトより、obsが録画した動画の画質は少し悪い

      予約録画機能がない

OBS StudioはWindows、Mac、Linux向け動画録画と生放送用の無料のオープンソースのソフトです。Youtubeのライブ配信をリアルタイムで録画できます。ただ、画質は専用ソフトのほど高くないため、画質に拘りしない方におすすめします。下記、その使い方をご紹介します。

ステップ1. OBS Studioをダウンロード、インストール、起動します。Youtubeライブ配信の生放送を録画前に、右下側にある「設定」をクリックし、お好きなように配信、出力(保存パス、品質、フォーマット)、音声や映像なを設定することができます。

OBS Studioの録画設定

ステップ2. 録画したいYoutubeライブ画面を開いて、「ソース」欄の左下にある「+」をクリックし、「ブラウザ」を選択し、録画したいYoutubeライブ配信のURLを貼り付け、収録する画面の幅も設定しておきます。設定が完了したら、「OK」をクリックします。

OBSでyoutubeライブを録画するには

ステップ3.右下のコントロールにある「録画開始」をクリックし、Youtubeライブ配信の生放送を録画し始めます。

「録画開始」をクリック

基本の録画機能以外の豊富で専門な録画関連機能と編集機能を使用したいなら、OBS Studioをお勧めします。ただ、色々な設定が必要で、操作がちょっと複雑です。QuickTime PlayerはMacを購入するときに搭載されているソフトで、初心者にとって操作しやすいです。

3.DemoCreatorでYoutubeライブ配信の生放送を録画

DemocreatorはWindows 10/8/7向け画面録画&動画編集ソフトです。Youtubeのライブを録画して簡単にビデオを作成できるだけでなく、カット、画面のクロップや回転、再生スピードの変更などの編集もサポートします。ただ、予約録画機能が搭載していません。無料版の制限が多く、最大2分間の動画しか録画できません。

その使い方は下記の通りです:

Step1. Youtubeライブを開いて、Democreatorをインストール、起動して、録画範囲を選択します。右側のデバイスでマイク、カメラやシステム音声のオン/オフを決めます。保存場所、品質の設置を右上側の「設定」で調整できます。

Democreatorの録画設定

Step2. 準備終了後、赤いボタンをクリックし、または「F9」キーを押して、録画を開始します。「F10」キーを押すと、録画が終わります。この時、キャプチャされた生放送の動画が自動的に編集場所にインポートされます。  

Democreatorの録画開始と終了                          

以上がYoutubeのライブ配信を録画して保存できるWindows用録画ソフトです。次に、Mac、iPhone、AndroidでYoutubeの生放送を録画する方法をご紹介します。

MacでYouTubeライブを録画する方法

1. QuickTime PlayerでYoutubeライブの生放送を録画

メリット:PC初心者向けインストールなしに操作できる

     無料で利用できる

     録画領域を自由に選択できる

QuickTime Playerは、Apple会社が開発した画面録画や動画キャプチャ専門ソフトです。無料で利用してYoutubeのライブを録画し、保存できます。 

QuickTime Player

Step1. 「Finder」から「アプリケーション」にアクセスして、QuickTime Playerを見つけ、起動します。

Step2. メニューバーで「ファイル」、「新規画面収録」の順でクリックします。

「新規画面収録」をクリック

Step3.設定画面で収録する画面の範囲などを変更できます。「オプション」をクリックし、生放送録画の保存先や収録する音声などを設定できます。

録画の設定を完了する

Step4.「収録」ボタンをクリックして録画が開始されます。録画を終了したいときに、「停止」ボタンをクリックします。

スマホでYouTubeライブの生放送を録画する方法

iPhone向け内蔵画面収録機能でYoutube生放送を録画

ステップ1. iPhoneの「設定」>「コントロールセンター」>「コントロールをカスタマイズ」を順にクリックして、「画面録画」をを見つけます。 

ステップ2. 緑色のプラスをクリックして、「画面録画」機能を追加します。

iPhoneのコントロールセンター

ステップ3. YouTubeライブの生放送画面に行き、下から「コントロールセンター」を上にスワイプして、白い丸を押して録画を始めます。録画を終了したいなら、また白い丸を押します。

スワイプされたコントロールセンターの白い丸を押して録画

Android向けAZスクリーンレコーダー

YouTubeライブの生放送をアンドロイド端末で録画するときに、人気ツールAZスクリーンレコーダーをお勧めします。録画も編集もサポートするし、うまく操作できます。

ステップ1. YouTubeライブの生放送画面に移動し、AZスクリーンレコーダーを起動し、「録画開始」>「今すぐ開始」をクリックします。

ステップ2. 画面上部からコントロールセンターを下にスワイプして、「スクリーンレコード」の通知をクリックすると、録画を停止します。

AZスクリーンレコーダー

iTop Online Screen RecorderでYoutubeライブ配信を録画する

メリット:登録やインストールなしに透かしなしの動画がもらえる

デメリット:完全に無料なオンライン録画サイトで、録画できる時間は10分以内である

iTop Online Screen Recorderはソフトのインストールなしの無料オンラインPC画面録画ツールです。ほとんどのYoutubrライブの画面を録画できます。もし、Youtube生配信の一部のみを録画して保存したいなら、こちらを使ってみましょう。

Online Screen Recorderのインターフェース

YouTubeライブ配信についてよくあるご質問

 1.Youtubeの生配信は配信者アーカイブに公開されるはずが、録画の必要はありますか?

実況者側の設定によって、YouTubeライブはアーカイブで再視聴できるかもしれません。ただ、配信者側がその設定を行っていなと、見逃し配信は視聴できなくなります。つまり、アーカイブに公開されるかどうかは配信者次第ですね。やっぱり録画しておくほうが安心です。

  2.Youtubeのライブの録画は規約違反になりますか?

ライブを録画して自分だけが録画して楽しむのが大丈夫です。ただ、できるだけ配信サービスなどにアップしないようにしてください。(もしYoutubeやTwitterなどに上げたいなら、一応配信者側の許可を求めてください。)

まとめ

今回はYouTubeライブ配信の生放送を録画するための6つの方法をご紹介しました。Windows&Mac PC、iPhone&Androidスマホによって別々に紹介しています、自分に適切なものを試してみてください。Windows パソコンで録画を簡単に行えたいユーザーであれば、iTop Screen Recorderを試してみましょう。

iTop Screen Recorder

関連記事

【2022最新】スマホ・PCでAbemaTVを録画する方法4選|PC・スマホ別

Release:2022/07/12

パソコンやスマホを利用して、AbemaTVの番組を録画保存しておくなら、オフラインでも視聴できます。この記事では、Abemaの番組を画面録画して保存する4つの方法をご紹介します。

7つのスクリーンレコーダーChrome拡張機能|無料と有料

Release:2022/08/17

Google Chromeの画面を録画したい時は、拡張機能からダウンロードできる便利な画面録画ツールを使うほうが便利です。この記事では、おすすめの使いやすいchrome用スクリーンレコーダーをご紹介します。

【超簡単・無料】MP4動画の容量を小さくする方法

Release:2022/08/01

素材として保存していたMP4の動画のサイズが多くて、パソコンの容量が足りなくりました。この時、 MP4動画容量を小さくするためにはどうすれば良いでしょうか?ご心配なく、この文章では、動画容量を小さくする最も良いツールとそのチュートリアルをご紹介しますので、ぜひご覧ください。