素材として保存していた動画の容量が多くて、パソコンの容量が足りなくりました。あるいは、PCまたはカメラのSDカードにある動画を人に送ったりした時に、動画の容量が多すぎて、スマホにうまく転送できなかったんです。その他、例えば、ホームページのサービスが何かでファイルをアップロードする場合、動画容量が決めたんですね。ですから、大きな動画ファイルを小さくする技術というのはやっぱり必要になります。また、現在、最も使われている動画ファイル形式はMP4です。そこで、本記事では、MP4動画容量を小さくする方法をメインとして紹介します。

Part1.MP4動画容量を小さくする方法を解説

PCでMP4動画容量を小さくするには、主に3つの方法があります。MP4動画の解像度を変更したり、動画のフォーマットを変更したり、MP4動画の不要な部分をカットしたりすることがあります。

1.解像度の調整:解像度は、動画の容量を決める要素の一つです。解像度が高いほど動画の容量が大きくなリます。そのため、動画の解像度を低くすることで動画容量を圧縮することができます。解像度を下げても画質が低くならないかと心配されるユーザーも多くいっらしゃると思います。 実は、画質に影響を与えることが確かにあります。 ただし、動画の解像度を適切なパラメーターに調整しておけば、ビジュアルから見れば、その影響はほとんどありません。

2.動画ファイル形式の変更:動画ファイルの形式は「MP4」「MOV」「AVI」「WMV」があり、このうち比較的容量が小さく、最も普及している形式は「MP4」です。

3.動画編集:ビデオの容量は動画の長さによって異なります。動画の中の要らないコンテンツをカットすることで動画容量を小さくする方法は一般的です。市販の動画編集ソフトを使って、MP4動画の容量を無料で軽くすることができます。

Part2. 「オンライン/Mac/Windows向け」MP4動画容量を小くする方法

ツール1:Windows Movie Makerを使って、MP4動画容量を小くする

Windows Movie MakerはWindowsに標準搭載されている動画編集ソフトです。これを使えば、動画の容量を簡単に小さくすることができます。Windows Movie Makerは、AVI、MPG、M1V、MPEG、WMV、ASFなど、さまざまな形式に動画を圧縮することができます。 しかし、Windows Movie Maker (Windows Essentials 2012) の Microsoft社のサポートは2017年1月10日に終了して、2017年1月11日以降 Windows Essentials 2012 はダウンロードできなくなりましたが、グーグルで検索すると、そのダウンロードリンクをクリックしてインストールすることは可能です。 

メリット

  • 無料で使いやすい

  • 130種類以上の効果がある

デメリット

  • あるバージョンのサポート終了

ツール2:iMovieを使って、MP4動画容量を小くする

Macユーザーなら、iMovieは知らない人はいないでしょう。iMovieはmacOSに標準搭載されているアプリケーションです。そのため、Macユーザなら無料で使えます。iMovieはAVI、M4V、MOV、MP4などの形式に対応しています。iMovieを使うことで、動画の不要な部分をカットすることができます。また、動画を無料で圧縮するには、iMovieの画面右上の赤枠部分から「ファイルを書き出す」をクリックして、品質というところで「低」を選択して出力します。

1659326902821420.png

メリット

無料

  • UIデザインがシンプルで使いやすい

デメリット

  • MacOSのみ

ツール3:Zamzar(オンライン向け)を使って、MP4動画容量を小くする

Zamzarは、無料で人気のあるオンラインファイルコンバータで、MOV、MP4、MP3、MKV、PDFなどよく使われるフォーマットに対応できます。しかし、この動画圧縮容量サイトは完全無料ではないことを知っておく必要があります。無料で動画容量を圧縮する容量は制限があります。ご注意ください。

1659326959922122.png

メリット

  • サードパーティ製のソフトのインストールなし

  • Windows、Linux、Macで動作可能

デメリット

  • 無料で変換できる動画形式の容量に制限がある

ツール4: iTop Screen Recorder を使って、MP4動画容量を小くする

iTop Screen Recorderは初心者に優しい無料PC録画ソフトです。この録画ソフトを使って、MP4動画を録画して、出力する際に、品質を設定することで、MP4動画の画質を落としないようにサイズを小さくすることができます。また、動画を出力する際に、ビデオの解像度を調整したり、動画形式を変更したりすることで、MP4動画容量を軽くすることも簡単に完成できます。ご興味があれば、下の青ボタンをクリックして、この多彩な機能を持つ動画編集ソフトを無料で手に入れてください!

ツール5:youcompress

youcompressは無料でMP4動画を圧縮するオンラインサイトです。オンラインで無料でMP4、MOV、MP3、PDF、PNG、JPG、JPEG、GIFの各形式のファイルを圧縮することができます。

1659327016504619.png

メリット

  • インストール不要

  • Android、iOS、Windows、Mac、Linuxでビデオを無料で圧縮可能

デメリット

  • パラメータを調整できない

  • サイトに広告あり

Part3. 動画の解像度を調整して、動画容量を小さくする方法

前述した通りに、解像度が高いほど動画の容量が大きくなリます。そのため、MP4動画の容量を変更するには、動画の解像度を調整することができます。ただし、解像度を下げると画質に影響に与えるので、適切に調整してください。一般的に、1080p(高)、720p(中)に下げると、画質を低画質化になりません。次は、動画の解像度を調整するツールを紹介します。

ツール1:Windows10「フォト」を使って、動画容量を小さくする方法

Windows10「フォト」は初心者に優しいアプリケーションです。一般的に、「フォト」を使って、写真を閲覧することが多いです。実は、Windows10「フォト」を使って、動画の解像度を変更するこも行けます。

操作手順:Windowsのスタートメニューから「フォト」>「新しいビデオ」>「新しいビデオプロジェクト」をクリック>動画を追加>「ストーリーボード」を選択>「ビデオの完了」をクリック>ビデオの画質を選択して、出力する

ツール2:imovie (Mac向け)を使って、動画容量を小さくする方法

imovieを使って動画の解像度を調整する操作手順はパートで紹介している内容がほぼ同じです。iMovieの画面右上の赤枠部分から「ファイルを書き出す」をクリックして、解像度で適切なオプションを選択して出力します。

ツール3:online video cutterを使って、動画容量を小さくする方法

MP4動画をonline video cutterサイトにアップロードして、数回のクリックでビデオ解像度を変更します。このオンラインサイトではMKV、MP4、AVI、FLV、MOV、3GP、WMV、MV4の動画形式に対応します。

1659327072287894.png

Part4.動画ファイル形式を変更して、動画容量を小さくする

動画フォーマットは動画のサイズを決める重要な要素の一つです。動画ファイルの形式は「AVI」「WMV」「MPEG-2」「VOB」「MP4」「MOV」「MPEG」「RMVB」「RM」「FLV」があり 、そのうちに「MP4」よりサイズが小さい形式は「MOV」「MPEG」「RMVB」「RM」「FLV」です。これにより、MP4動画形式をj上記で紹介している形式に変更すれば、ビデオのサイズを小さくすることができます。次は、mp4動画の容量を小さくするツールをいくつか紹介します。

ツール1:VLC Media PlayerでMP4動画容量を小さくする

VLCメディアプレイヤーは音声や動画ファイルを再生するフリーソフトです。コーデックパックをインストールすることなくて、ほとんどのフォーマットを再生できるシンプルで強力なメディアプレーヤーです。VLCメディアプレイヤーを使っている方は多くいっらしゃると思います。実は、VLCでも動画のファイル形式を変換することができます。まずVLCを開き、アプリケーションのメイン画面の「メディア」アイテムをクリックして、ターゲットの動画ファイルを追加します。「変換/保存」をクリックして、「プロファイル」のドロップダウンメニューから変換したい動画形式を選択します。

1659327111456950.png

メリット

  • 無料かつ安全

  • 機能がシンプルで使いやすい

  • 対応形式が多い

デメリット

  • 文字化けすることがある

ツール2:Online Video ConverterでMP4動画容量を小さくする

サードパーティ製のソフトウエアをインストールせずに動画形式を変更したい場合は、動画形式変更のオンラインサイトを利用するも良い選択肢です。ここでは、[Online Video Converter]という人気の動画変更サイトはお使いのブラウザですぐに動画ファイルを変換することができます。

1659327175862568.png

メリット

  • 安全かつ高速

  • 動画のフォーマット、解像度やサイズを変更することが可能

  • 300種類を超えるフォーマットを変換

デメリット

  • アップロードできる動画ファイルのサイズは最大 4 GB まで

ツール3:Format FactoryでMP4動画容量を小さくする

Format Factoryは、動画、音声、ドキュメント、画像など、 あらゆる種類のファイルのフォーマットコンバーターです 。動画ファイルをiPhone やAndroid などのスマートフォンで再生できるフォーマットに変換することがことができます。MP4、3GP、AVI、WMV、SWFなどのビデオファイル形式に対応しています。

1659327215257397.png

メリット

  • 動画、音楽、画像ファイル形式の無料変換

  • 動画コーデック、オーディオコーデック、ビットレート、アスペクト比、フレームレート、チャンネルなどの出力ファイルのパラメーターを調整可能

  • 動画ファイルを一括修理可能

デメリット

  • インターフェースが古い

まとめ

ここまで、動画容量を小さくする方法の紹介が終わりました。いかがでしょうか?PCで動画ファイルを小さくする方法はたくさんあるので、ご自身の状況に合わせて最適なツールを使用することでPCで動画容量を小さくするようにしましょう。