75% OFF

ブラウザのシークレットモードは「ばれる」?詳しく解説

職場や学校でブラウザのシークレットモードを使って閲覧しているサイトは「ばれる」のか?この記事はシークレットモードはについて詳しく解説します~

学校・職場のパソコンで、Googleを開いてシークレットモードにしても、履歴って学校・職場の方では残るのでしょうか?ばれるのでしょうか?

このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

今回はシークレットモードはについて詳しく解説します。

まず、結論から言うと、シークレットモードはばれる(涙)。

シークレットモードで閲覧しているサイトは、しっかり記録されています。

シークレットモードはばれる

そもそもシークレットモードとは何?

シークレットモードは、ブラウザに搭載されている機能である。

通常インターネットで検索した際は、情報が履歴として残ります。場合によっては、履歴情報を残したくない場合がありますよね。そんな時に便利なのが、ブラウザのシークレットモード(プライベートモード)。

Google Chromeを例にすると、こうです。

chromeのシークレットモード

Google Chromeだけでなく、FireFoxやいろんなブラウザはこの便利の機能を搭載しています。

ブラウザによって違いがありますが、記録しないデータは大体以下の通りです。

  1. アクセスしたページの履歴

  2. Cookie

  3. フォームと検索バーの入力履歴

  4. ダウンロードしたファイル

しかし残念ながら、シークレットモードは完全にシークレットではない…

シークレットモードは、「ブラウザ」の表示履歴とトレースのみを一時的に停止する機能です。誰かが単純にブラウザの履歴より調べようとしたら、何も出ません。

しかし、この機能はあくまでも「ブラウザ」の機能に限ります。ブラウザからサイトにアクセスするまでの間にあるサーバやシステムには、データが記録されます

例えばオフィスからインターネットに接続すると、プロキシサーバを経由して、インターネットに接続。プロキシサーバは、誰が、いつ、どこから、どこへアクセスしたかわかる様になっています。仕事のコンピューター等で「仕事以外に使われた場合」は報告される可能性があります。シークレットモードは何の意味もありません。会社が設置された監視ソフトやプロキシサーバは「ブラウザ以外の機能」に値するので、観覧履歴等はそのまま保存されます。ブラウザ内の観覧履歴が消去されていても、記録は影響されません。転職サイト、副業サイト、ゲームサイトの閲覧は間違いなくバレます(涙)。

さらに公共WIFI等を利用している場合は、個人のログイン情報やCookieがブラウザに保存されないが、ハッカー等の犯罪者にデータを盗まれる可能性も通常ブラウザを使っている時と同じ、完全にばれないことではないです。

簡単に言えば、答えはVPNです。

VPN(Virtual Private Network)は、個人データのために安全なトンネルを構築します。VPNのサーバーの間で転送される際に、個人データは暗号化され、ハッカーや政府などの第三者から個人情報を保護できます。安全性の低い公共Wi-Fiに接続しても、個人情報漏洩を心配する必要はありません。

ここでVPN機能内蔵の素晴らしいブラウザを紹介します!

iTop Private Browser

弊社のiTop Private Browserは、単なるブラウザにとどまらない。iTop Private Browserは、内蔵VPNを備えたことにより、軍事レベルの暗号化技術でオンライン活動や機密データを保護します。データを暗号化するによって、オンライン活動を保護します。

iTop Private Browserは高性能なセキュリティ機能と内蔵VPNを備えた最高のセキュアブラウザであり、無料のVPNブラウザで高速安全なネットサーフィンを楽しめます。

シークレットモードは、あくまでも「ブラウザ」の表示履歴とトレースのみを一時的に停止する機能なので、データはプロキシサーバを経由して記録されます。個人データは暗号化されないとバレます。内蔵VPNを備えたPrivate Browserは完全な暗号化通信を実現し、データの漏洩を防ぎます。今すぐ無料でPrivate Browserを体験してみましょう。

シェアする
関連記事

ブラックフライデー限定セールが開催中!

最大82%オフ で安全かつ高速のVPNをゲット!期限限定なので、ぜひ、お見逃さないでください!

今すぐゲット