75% OFF

【2022最新】iPアドレスを特定されない・バレない方法

iPアドレスを特定されなく、情報などをバレないようになりたいでしょうか。本記事では、iPアドレスとは、iPアドレスから取得できる情報、iPアドレス隠す理由とメリット、それに、iPアドレスを特定されないなどの方面からiPアドレスを隠すことをまとめて詳しく紹介しています。

iPアドレスから取得できる情報は詳細な住所や個人情報までは把握できないが、地域や公開された法人情報など大まかな情報データを取得することができます。2020年に、NoteのiPアドレス漏洩事件で、大きく騒ぎにもなってしまいました。従って、インターネットを利用する時に、プライバシー侵害を防ぐために、iPアドレスを隠すことが重要になっていきます。また、もし地域制限あるのサイトや動画などを閲覧・視聴したい場合、iPアドレスを隠す必要もあります。そこで、本記事では、iPアドレスを隠して、特定されない方法を紹介したいと思います。

iPアドレスとはパソコン、タブレットなどでネットワーク通信を行う場合に利用されているものであります。通信の相手先を識別するために、番号の形式で表示されています。iPアドレスなしではインターネットを利用できません。

iPアドレスを特定されたら、どんな情報がもれるのでしょうか?ハッカーや政府などこのiPアドレスからどんなことを知りますか。ここで、iPアドレスから取得できる情報を紹介しています。

日本のIPアドレスはICANNの日本管理組織であるJPNICによって管理されます。そのIPアドレスの割当表からみれば、iPアドレスを特定されたら、国、地域、法人情報、OS・ブラウザ種別、プロバイダなどの情報が洩れます。これらの情報を悪意のある第三者に知られると、不正アクセスやサイバー攻撃などに利用される可能性もあります。なので、必ずIPアドレスを特定されない方法をマスターしましょう!

今自分のIPアドレスが分からない?チェックしましょう → こちら

プライバシーの漏洩を防ぐ

オンラインでウェブサイトをアクセスしたいなら、必ずiPアドレスを利用しなければなりません。匿名化していない場合は自宅からインターネットに接続すると、ある程度の住所がわかることになりますので、iPアドレスを隠して、特定されないと、プライバシーの保護の上でインターネットを利用できます。

地域によるアクセス制限を避ける

iPアドレスを特定されない場合は、日本で利用できないサイトを閲覧したり、日本で視聴できない映画、番組などを見たりすることができるようになります。著作権で特定の地域でしか音楽、映画などダウンロードできない制限も避けることができます。

ハッカーの攻撃を避ける

Ispや検索エンジンで、iPアドレスの追跡を行うことができますので、iPアドレスを隠し、個人情報を知られないようにすることで、ハッカーからのマルウェアの脅威を避けます。

iPアドレスを特定されないもう一つのメリットは、iPアドレスの位置情報をもとに利用者の利益に不利な事を防ぐことができます。例えば、ユーザーのiPアドレスの位置情報を基づいて、サイトや宣伝会社はターゲティングメールを送ったり、航空会社や旅行会社は価格を調整したりすることがあります。

iPアドレスを隠す理由とメリットは色々ありますが、ではどのようにiPアドレスを隠して、特定されないでしょうか。次に、iPアドレスを特定されない方法を紹介します。

1. 安全・無料の「iTop VPN」でiPアドレスを隠す

iPアドレスを隠すには、最も簡単それに完全な方法は、VPNを使うことです。VPNを使えば、iPアドレスの位置情報を変更することができます。自分の本当のiPアドレスの代わりに、世界中のiPアドレスを使うことで、iPアドレスを特定されないことを実現します。ここで、安全かつ無料で使える「iTop VPN」を紹介します。

「iTop VPN」は100+の国、1800+のサーバーが利用できる専門的なVPNサービスであります。これを利用することにより、簡単にiPアドレスを匿名化したり、ネットワークデータを暗号化したりすることで位置情報、通信やオンラン活動を隠すことができます。さらに、この専門的なVPNサービス - 「iTop VPN」は以下の機能も備えています。

・5つのデバイスで無料使える

「iTop VPN」は最大5つのデバイスをサポートでき、毎日無料で700MBの通信データを提供してサーバーを利用できます。「iTop VPN」はスマホのios端末とandroid端末に対応できますが、パソコンの方はWindowsしか対応できません。

・専用サーバーを提供する

「iTop VPN」は機能分けで、ストリーミング用やソーシャル用やゲーム用の専用サーバーをそれぞれ提供します。それに全サーバーも提供していますので、ご需要によって、高速で地域制限によるアクセスをスムーズに楽しむことができるようになります。

・自動キルスイッチ

ネットワークの接続が落ちたら、コンピューターはISPから提供されているデフォルトの回線に戻りますので、iPアドレスは容易に追跡される状態になってしまいます。「iTop VPN」はVPN接続が落ちた時に、インターネット接続自体を切断できる「自動キルスイッチ」機能を提供していますので、ユーザーのiPアドレスを100%保護し、隠すことを実現します。

・セキュリティ強化機能

「iTop VPN」は悪意バグを自動検出して修復でき、ブラウザの悪意リンクをブロックできます。個人プライバシーをより効果的に保護できます。

「iTop VPN」を今すぐ無料でお試しください~

ステップ1:「iTop VPN」を起動します。

ステップ2:「ホーム」でご需要によってサーバーを選択します。

「iTop VPN」でiPアドレスを隠す

ステップ3:「接続する」をクリックすれば、VPNが接続できました。

「iTop VPN」でiPアドレスが特定されない

2. 公共Wi-Fiを使ってiPアドレスを特定されない

喫茶店などが提供している公共WiFiを利用すると、新しいiPアドレスができました。それに、公共WIFIのインターネット接続は個人iPアドレスを特定することができません。しかし、これらのフリーWIFIは通信の監視が出る恐れがあります。リスクは非常に高いので、注意しなければなりません。公共WIFIを使うなら、VPNを利用するのがお勧めです。VPNを利用すると、危険性のある公共WIFIを接続しても安全になります。

3. プロキシサーバーを利用する

プロキシサーバーは独自のサーバーを介して実際のiPアドレスを隠すことができますが、VPNとは違って、通信データは暗号化されていないので、地域による制限は確実に解除できません。それに、安全性も低いです。

4. Tor(トーア)でiPアドレスを特定されない

Tor(トーア)は誰でも完全無料で使えるiPアドレスを隠すウェブブラウザーです。Torを利用すると、複数のサーバーを経由して、通信を何度も暗号化されますので、自分が利用するiPアドレスを100%特定されないことを実現する。しかし、何度も通信を暗号化するため、通信速度が非常に遅い点はTorを利用するデメリットです。

5. モバイルホットスポットでiPアドレスを隠す

スマートフォンからホットスポットを設定すると、WIFIではなくモバイル通信を使って新しいiPアドレスを変更できます。しかし、この方法は、データの通信料を使い過ぎ、通信制限になる恐れがあります。それに、地域による制限も解除されていなく、長期的な解決坂ではなりません。

6. iPアドレスをリセットする

もし、ISPが動的iPアドレスを使用しているなら、モデムのコンセントを抜くことで、現在使っているiPアドレスが削除されますので、新しいiPアドレスを変更することができます。モデムのコンセントを抜いておく時間が長伊ほど、iPアドレスが変更される確率が高くなります。

7. NATファイアウォールでiPアドレスを隠す

この方法はプライベートiPアドレスの変更に有効します。NATファイアウォールは同じパブリックiPアドレスを使うことで、同じルーターに接続している複数の端末はプライベートiPアドレスを使い続けながら、同じパブリックiPアドレスを使うことができます。

8. ISPに変更のお願いをする

iPアドレスを割り当てるのはインターネットサービスプロバイダ(ISP)ですから、ISPにiPアドレスを変更してもらうこともできます。このようにiPアドレスを変更するのは簡単ですが、VPNのように地域による制限を解除することはできません。

以上、iPアドレスを特定されない理由、メリットそれに方法を紹介しました。iPアドレスを隠す方法の中で、VPNを使うのは一番お勧めな方法であります。本記事では「iTop VPN」を強くお勧めします。完全無料で5つのデバイスにも対応でき、それに100%個人情報を暗号化できます。ストリーミング、ゲーム、ソーシャルの種類でそれぞれ専用のサーバーが提供され、高速でスムーズに楽しむことができます。

シェアする
関連記事

ブラックフライデー限定セールが開催中!

最大82%オフ で安全かつ高速のVPNをゲット!期限限定なので、ぜひ、お見逃さないでください!

今すぐゲット