75% OFF

最高の無料VPN内蔵ブラウザ三選解説

最高の高速で安全、かつプライベートなウェブブラウジング体験をもたらすWindows用の無料VPNブラウザの三選。iTop Private Browserを今すぐ使ってみましょう。

ウェブブラウジングトラフィックの保護に関しては、コンピュータにVPNアプリをインストールし、あるいはVPNブラウザの拡張機能を追加するかもしれません。どちらも好ましくない場合は、VPN保護機能が内蔵されたブラウザはお進める代案です。

best-3-browsers-with-built-in-vpn-2917 (1).png

この記事では、オンラインプライバシーの改善、実際のIPアドレスをの匿名化、トラフィックの暗号化のに役立つ、ベスト3のVPN内蔵ブラウザを紹介します。

#1 - iTop Private ブラウザ

iTop Private ブラウザは、無料のVPNを内蔵したWindows 11/10/8/7用の高速で安全なブラウザーです。このクロムベースは、その豊富な機能で最大限のプライバシーでインターネットをサーフィンすることができ、データリークや漏洩を防止します。

メリット:

最高のプライバシーを実現する追跡防止機能。iTopのVPN内蔵ブラウザは、VPN保護を起動にすると、ユーザーの身元を隠し、IPアドレスを変更し、オンライン情報を自動的に消去します。これにより、サイバー犯罪者やプログラムは、データを追跡したり、収集することはできません。

Ad blockerブラウザ。広告は迷惑であり、ウィルスを含める場合にも悪質なものさえあります。iTop Private Browser は、広告、ポップアップ、オーバーレイを表示される前にブロックし、誤ってクリックしてしまった場合に備えています。

16台無料VPNサーバー。PC用VPN内蔵のiTop Privateブラウザは、それなりの数のサーバー場所から選択することができます。

サーフィン保護。iTopは有害なURLを収集し更新し続けるデータベースを所有しているため、潜在的な脅威を持つオンラインウェブサイトやページを特定することができます。

Chromeとほぼ同じ。このVPNブラウザは、Google Chromeと同じに見えるので、すぐに身につけます。

デメリット:

無料のVPNサーバーを持つこのブラウザは、1日あたり700MBのデータを提供しています。

Windows 10用のVPN内蔵iTop Private Browserを使用するには、以下の手順にフォローください。

ステップ1:お使いのPCにブラウザをダウンロードしてインストールします。完了後起動します。

ステップ2:サーバーの場所をクリックし、接続したい特定のサーバーを選択します。アンチトラッキング、広告ブロック、サーフィン保護などの主な機能をオンにします。

best-3-browsers-with-built-in-vpn-2917 (2).png

ステップ3:「接続」ボタンをクリックし、スムーズで安全、そしてプライベートなウェブブラウジングをお楽しみください。

#2 - Operaブラウザー

1995年にリリースされたOperaは、多くの大きな変化を遂げてきた最も古いウェブブラウザの1つです。その大きな変動の一つは、ユーザーの体験を向上させるために、ブラウザにVPNを搭載したことです。

best-3-browsers-with-built-in-vpn-2917 (1).jpeg

メリット:

様々なツールが利用できます。Windows用のVPN内蔵ブラウザに加え、OperaはFacebook Messenger、Whatsapp、Vkontakteなど、多くのツールをデフォルト設定にバンドルして提供しています。

広告ブロッカーが内蔵されています。Operaブラウザは、無限に続く邪魔している広告を防ぐために、無料の広告ブロックを提供しています。

適合なスピード。テストによると、全体的な接続速度は、どのようなWebブラウジング活動にも十分です。

暗号化されたデータ。OperaブラウザのVPNは、現在、標準的なAES 256ビット暗号化機能を搭載しています。

デメリット:

VPNは非常に基本的なものです。このアプリは、VPNというよりも、安全なプロキシです。特定の国を選択する必要がありませんませんが、アメリカ、ヨーロッパ、アジアのVPNロケーションがあるだけです。

ブロックの解除やストリーミングには専攻していません。そのサービスは、オンラインプライバシーに集中していますので、オペラを経由してHuluや他のストリーミングチャンネルにアクセスすることはできません見つける可能があります。

#3- Epicブラウザー

Epicは、あなたのインターネットのプライバシーを保護するために利用可能なVPNを内蔵した最初のChromiumベースのWebブラウザです。Chromeの外観を継承しているため、ChromeユーザーはEpicブラウザに転用しても違和感を感じることはないでしょう。

best-3-browsers-with-built-in-vpn-2917 (1).jpg

メリット:

オープンソースコードは誰でもアクセス可能です。このVPN内蔵ブラウザはGoogle Chromeのオープンソースプロジェクトで構築されており、そのコードは誰でもアクセス可能で監査可能であり、プライバシーレベルを確認することができます。

暗号化されたプロキシ Epic は、iKEv2 暗号化を利用する iOS 版を除き、安全で暗号化された HTTPS プロキシを使用し、オンライン上の個人情報とトラフィックを保護します。

様々なプラットフォームで利用可能。Epicブラウザは、Windows、macOS、iOS、Androidに対応したVPN内蔵のウェブブラウザです。

広告ブロックとキルスイッチ搭載。このブラウザは、セキュリティのために無料の広告ブロッカーとブラウザレベルのキルスイッチ機能が搭載されています。

デメリット:

プロキシ/VPN拡張機能の追加インストールが必要。Epicは以前はプロキシ/VPNサービスが内蔵していましたが、現在は代わりに別の拡張機能が必要です。

真のVPNではありません(iOSを除く)。単純なプロキシサービスで本格的なVPNほど多くのセキュリティ機能が提供していません。

頻繁なメンテナンスとアップデートがない。Epicのブログには、2018年以降、1つの記事しかありません。

進めるPC用のVPN内蔵ブラウザを知った後、VPNブラウザを使うことの長所と短所が、コンピュータにインストールしたVPNソフトウェアと比較してどうなのか疑問に思うかもしれないよね。

VPN内蔵のウェブブラウザは、余分な設定がないため、より使いやすくなっています。ほとんどのVPNサービス付きウェブブラウザは無料で使用でき、データ量の制限もありません。

スタンドアロン型のVPNプロバイダーがゲーム、ストリーミングプラットフォーム、アプリを含むコンピュータ上のすべてのデータをルーティングするのに対し、VPN内蔵ブラウザはブラウザを経由するトラフィックのみをルーティングします。さらに、VPNオプション付きのほとんどのウェブブラウザは、VPNサーバーが非常に限られているため、地域制限のあるコンテンツのブロックを解除することができません。VPNブラウザの中には、真のVPNではなく、プロキシを使用しているものもあり、これは単にIPアドレスを変更するだけで、ユーザーのオンライン個人情報を保護するものではありません。

1. ChromeにはVPNが内蔵されていますか?

残念ながら、最も人気のあるWebブラウザであるChromeにもVPNが組み込まれていませんが、ChromeにVPN保護を追加できるChrome拡張機能を持つVPNをたくさん見つけることができます。

2. 最高の VPN内蔵ウェブブラウザは何ですか?

iTop Private Browserは、最も自由なVPN接続とオンラインプライバシーを提供するため、最高のウェブブラウザーだと思います。

ChromeやEdgeなどの主流のブラウザは、ネイティブVPNが内蔵していないものがほとんどです。より安全で楽しいネットサーフィン体験のためにVPNサービスが必要な場合、VPN内蔵のブラウザを使用することが可能です。今すぐWin 10 用の VPN サーバー内蔵のiTop Private ブラウザをダウンロードして、高速で安全なオンラインタイムを楽しみましょう。

 


シェアする
関連記事

ブラックフライデー限定セールが開催中!

最大82%オフ で安全かつ高速のVPNをゲット!期限限定なので、ぜひ、お見逃さないでください!

今すぐゲット